もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ももの里」 11歳のお子さんに読んだ みんなの声

ももの里 作・絵:毛利まさみち
出版社:リブリオ出版
本体価格:\1,300+税
発行日:2005年07月
ISBN:9784860572181
評価スコア 4.64
評価ランキング 2,570
みんなの声 総数 10
「ももの里」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

11歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 桃太郎が川から流れてきた真相

    高学年の読み聞かせに何かないか調べていると面白い話であると紹介されているのをみつけました。

    絶版になっているので、図書館で借りて、5年生の朝の読み聞かせに
    10月、11月と2クラスに読みました。
    また、節分前の時期ですので、近日もう1クラスにも読もうと思っています。

    絵は、切り絵です。 時間は、私はテンポよく7分ぐらいで読んでいます。ゆっくり読むのもいいでしょう。

    静かに聞いている子ども達が、最後の最後に「どんぶらこっこ どんぶらこ この話は、まだまだ つづくでな」と読んでいると

    桃太郎の話であると気付き、ひそひそと友達と話し出す子、ニヤッと1人で笑う子と様々な表情が見られ読み手も やったと楽しくなります♪

    高学年への本選びに迷われている方、一度、この本を手に取られ読んで見られませんか?

    お勧めの本です。

    掲載日:2015/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • この本、勝手に『桃太郎』そのものの話だと思っていましたが、『桃太郎』につながる話でした。あくまでも創作ですが、昔話のその後の話を作るのも楽しいですが、昔話につながる話もいいですね。「そういうことかぁ〜」と思わず納得してしまうような気がしました。

    タケという少年の賢さ、太郎を思う気持ちが、また太郎は宿命を背負って『桃太郎』になっていくのですね。想像力のすばらしさ!!

    この話は作者の長男さんの誕生祝いに作られたそうですが、そういえば我が子にも本を読んで聞かせたときにけっこうオリジナルの付録をつけていたような気がします。これにはまったく及びませんが・・・

    おもしろいので他の昔話にもこういう本編につながる話があるといいなぁ〜 

    掲載日:2013/09/12

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ももの里」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ゆらゆらばしのうえで / あらまっ! / かいじゅうたちのいるところ / おこだでませんように / どうぞのいす / バムとケロのそらのたび / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


野球ファンだけにとどまらない、人生へのエールがこめられた絵本

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.64)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット