もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ねえねえ、もういちどききたいなわたしがう」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

ねえねえ、もういちどききたいなわたしがう 作:ジェイミー・リー・カーティス
絵:ローラ・コーネル
訳:坂上 香
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1998年3月
ISBN:9784032025804
評価スコア 4.53
評価ランキング 5,024
みんなの声 総数 14
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 海外の絵本らしいですね

    • うさうさこさん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子4歳、女の子2歳

    とてもいい題名だったので図書館で借りてきました。

    こどもに読んでいるうちに「???」
    なんだかこのお母さん自分で生むわけじゃない?

    でも、夜にあわてて飛び起きて飛行機に乗って自分の子供に会いに行き、どれがうちの子かしら…とのぞきこむ姿はもうすでに母親の顔。
    飛行機に乗るときもまわりを気にして大事に大事に抱っこする姿、泣いてあやしてる姿、とっても愛情があふれています。

    それをうれしそうに聞く娘。
    日本にはあまりない違うタイプの愛情を見させてもらったような気がします

    掲載日:2010/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤ちゃんのときのこと

    とても色彩にとんだきれいな表紙に魅せられて、娘が選んだ一冊です。
    題名から、少し大きくなった子供が、自分が赤ちゃんだったときの話を聞きたがるような
    ほのぼの系だと思ったのですが、
    どうも、出生前にすでに養子として貰い受ける約束ができていての、
    出産からのお話でした。
    というと内容は少しヘビーな感じですが、
    とてもかわいらしい絵が、そんなストーリーを和ましてくれる上に、
    なにより、養子である子も、育ての親も
    そんな一見複雑ともいえる親子関係を自然受け止めていて
    また、今の幸せに感謝しているのが伝わってきます。
    娘がもっと大きくなった時に、また読んでみたい本です。

    掲載日:2009/03/02

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ねえねえ、もういちどききたいなわたしがう」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ちょっとだけ / おおきくなるっていうことは / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.53)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット