おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

あらいぐまとねずみたち」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

あらいぐまとねずみたち 作・絵:大友 康夫
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1977年4月1日
ISBN:9784834005219
評価スコア 4.52
評価ランキング 5,355
みんなの声 総数 43
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 泥棒ねずみが働き者に

    この本は家にあって、今までに何度も子供達に読んでいます。

    何度もあらいぐまの家に泥棒に入り、食べ物やおもちゃなどの盗みを続けていたねずみたち。盗んだものを食べ、盗んだ物で楽しそうに遊んでいます。

    それを見つけたあらいぐま一家は当然怒り、ねずみを捕まえますが、捕まったねずみたちは今度は泣きに入り許しを請います。

    そんな図々しいねずみたちにも、あらいぐまの一家は畑で食べ物を作ることを教え、家を建てる手伝いもします。そして、今度はねずみたちもその恩に答え、自分たちの畑でとれたジャガイモをあらいぐまの家に届けます。助け合うこと、働くことを学んだのですね。

    細かい絵がかわいらしく、ねずみたちが盗んだ物で遊んでいるシーンや、ねずみたちの完成した家の絵は、見ていて楽しいです。

    掲載日:2011/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 動物の世界ですが

    子供にも分かりやすく、皆が幸せに生きて行くことの難しさ、それゆえ、それが実現したときの嬉しさが語られています。

    最初、ねずみはあらいぐまの食べ物を盗むのですが、悪いことというよりも、そうしなければ生きていけないのです。あらいぐまも正義を振りかざして取り返すこともできますが、ねずみも困らないように一計を案じます。

    最後はみんなで畑を耕して豊かな実りに恵まれ、幸せな終わり方をします。

    大人の私は、理想の共産主義社会だな、などと穿った見方をしてしまいますが(笑)、個人のではなく、社会の幸せに目を向けさせてくれる優れた絵本だと思います。

    掲載日:2011/04/19

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「あらいぐまとねずみたち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / からすのパンやさん / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ねこのさら
    ねこのさらの試し読みができます!
    ねこのさら
     出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
    この夏、らくご絵本を読んでみよう!あれっ、この皿はもしかして・・・


40作以上の児童文学が絵の中に!『本の子』翻訳者 柴田元幸さんインタビュー

みんなの声(43人)

絵本の評価(4.52)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット