十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

くれよんのはなし」 大人が読んだ みんなの声

くれよんのはなし 作・絵:ドン・フリーマン
訳:西園 寺祥子
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1976年
ISBN:9784593500574
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,488
みんなの声 総数 38
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • シンプルで良い話

    白い画用紙にクレヨンたちがそれぞれ絵を描いていくというストーリー。
    それぞれのクレヨンが色を重ねて絵が完成するまでの過程がシンプルでわかりやすく結末も良かったです。絵のタッチもやさしく、真似してクレヨンでお絵かきしたくなるような、そんな1冊です。本のサイズも小さめでかわいかったです。

    掲載日:2016/01/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • もう少し大きなサイズで作ってほしかった。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳

    しいていうと、もう少し大きなサイズで出版してほしかったです。
    「クレヨンたち」が描いた絵がせっかく素敵だったのに、ちょっと小さすぎて、見づらかったです。
    それにこのサイズだと読み聞かせに使うにはちょっと小さいですね〜。(残念)

    真っ白な画用紙をピンでとめたところが一番印象的でした。
    初めは、読み手や聞き手に問いかけながら物語が進んでいくバージョンの作品かと思いましたが、クレヨンたちが主人公でした。

    クレヨン遊びが楽しくなる4,5歳くらいのお子さんたちからいかがでしょうか?

    掲載日:2012/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • クレヨンが入っている箱にセンスを感じたのでこの絵本を選びました。8色の色のクレヨンが絵を描くのが大好きな気持ちがひしひしと伝わってくれ本でした。8色でも協力し合えば素晴らしい作品を描ける事を証明してくれる絵本でした。お互いに自分の得意分野が分かっていて喧嘩せずに信頼し合って作業を進める姿が愛らしかったです。絵を描く喜びを感じられる絵本です。

    掲載日:2009/02/17

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「くれよんのはなし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / はらぺこあおむし / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • つばめこうくう
    つばめこうくう
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    つばめの飛行機で、南の島へひとっとび! 乗り物好き・虫好き・旅行好きにおススメの楽しい絵本です。


主人公「ドーム」が自分のことばで語り伝える物語絵本

みんなの声(38人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット