おばけなんてないさ おばけなんてないさ
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
誰もが歌ったことのある童謡「オバケなんてないさ」が、せなけいこのユーモアあふれる貼り絵で楽しい絵本になりました。

もうねんね」 0歳のお子さんに読んだ みんなの声

もうねんね 文:松谷 みよ子
絵:瀬川 康男
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\700+税
発行日:1968年01月
ISBN:9784494001033
評価スコア 4.4
評価ランキング 9,347
みんなの声 総数 143
  • この絵本のレビューを書く

0歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

30件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 寝る前に毎日

    娘が0歳の時に購入!
    もともと明るいタッチの絵が好きだった私には松谷みよこ先生の本には少し抵抗がありましたが、寝る前にゆったり気分になれる本が欲しくて選びました。今では大好きな1冊です。
    娘もとてもお気に入りで5歳まで毎日あきずに『これよんで!』っと布団に持って入ってきていました。
    6歳になった今も時々もってきます(笑)
    最後にセリフを『○○ちゃんも、もぉねんね』と子供の名前に変えてギューっと抱きしめるのが我が家の定番で、子供もとても喜んでいました。
    寝つきの悪いわが子ですが、この本はとてもゆったりした気持ちになれて読み終わると落ち着くみたいです。
    0歳からでもおススメなので出産祝いにもよく使わせていただいている1冊です。
    友達にも寝る前のおススメを聞かれたら必ずこの本を勧めています。

    掲載日:2013/05/22

    参考になりました
    感謝
    3
  • 寝る前におすすめ

    新生児の頃からとにかく寝ない、睡眠時間の少ない娘に、何か寝てくれる方法はないかと思って購入してみた1冊です。
    やさしい語り口調でゆっくり読めば、段々眠くなる・・・
    はずだったのですが、「もう1回!」となかなか寝てくれませんでした。
    みんな眠くなるのが、とてもおもしろかったようです。

    この本自体は絵も文章も、すんなり眠りに入っていけるように思いますので、お休み前にはおすすめです。

    掲載日:2011/11/30

    参考になりました
    感謝
    2
  • ねんねへ

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子19歳、男の子17歳

    乳児親子の会のおはなし会用にセレクト。
    眠そうな犬や猫などが登場し、おやすみなさい、と、ねんねするストーリー。
    赤ちゃんを寝かしつける時にぴったりです。
    眠そうな光景の絵が続き、ゆったりした文章が心地良く、
    読んでいるこちらまで、睡魔を感じてしまいます。
    一緒に寝てしまわぬよう、ご注意くださいね。
    ねんねする幸せも感じ取ってほしいです。

    掲載日:2013/03/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • 寝る前の定番

    年の離れた弟が赤ちゃんの時も、母親に代わって読んでいました。
    今は娘が寝る前に読んでいます。
    何年前に書かれていても、良い本は良い本として生き残っているのだなぁと、再確認する一冊でした。
    「ももちゃん」の代わりに娘の名前を入れて読んでいます。
    親子でゆっくり一冊に向き合える貴重な時間を楽しみにしています。

    掲載日:2011/09/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • おやすみ前の1冊

    寝る前に毎日読んでいます。
    最初のページの
    「ねむたいよう おやすみなさい ワン」
    を読んでいると、毎回わたしは不思議とあくびが出てきます。

    娘もこの本を読んでいるうちにもう寝る時間だと感じているようです。
    まだまだ小さな赤ちゃんですが、
    寝る準備をしようとしているようです。

    うちの子も「ももちゃん」なのでとてもぴったりな本で、
    これからも大切に読んでいきたいなと思っています。

    3か月から絵本を寝る前に読む習慣がついてきて、
    今までよりもすんなりと寝てくれるようになりました。
    絵本ってとっても素敵ですね★

    掲載日:2011/01/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • お昼寝タイムに読みます

    この絵本は、イラストも言葉も優しく赤ちゃんを包み込むようにしてくれる感じです。

    『おにんぎょうさんもねんね』するページでは、赤ちゃんのお気に入りのお人形さんをくっつけてあげて、優しくさすってあげています。

    全体的に、ゆーっくり読んで、最後のペー付近はやや小さめな声で読んであげています。

    松谷みよ子先生の絵本の中で、とても好きな作品です。

    掲載日:2010/11/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • みんなねんね

    「いない いない ばあ」とセット売りもされているこちらの作品。
    「いない いない ばあ」がとても子供にうけたので、「もうねんね」も気になっていました。
    さすがに、「いない いない ばあ」ほどうけませんでしたが、反応は悪くありませんでした。
    犬や猫などみんな、ねむたくてねんねしていきます。
    最後、女の子もねんねします。
    読んでいると、なんだかだんだん眠くなってきます。
    個人的に、男の子のねんねも見たかったです。

    掲載日:2018/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいいいい素敵な言葉。

     「ねんね」…。素敵な言葉だと思います。言葉が持っている音の響きも大好きで、とても可愛らしい言葉ですね。

     「ねんね」という言葉は「寝る」という言葉の「幼児語」というものだそうです。この絵本を通して子ども達に安心感、心地よさを与えられるのではないかと思います。
     

    掲載日:2017/02/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • おやすみ前の1冊にいいな

    松谷みよ子さんの「いないいないばあ」という本を持っていて、息子も私も大好きなので読んでみました。
    ねこがまあるくなってねんねしていたり、めんどりとひよこの親子がくうくうねんねしていたり、モモちゃんがおめめつぶってとろとろねんねしたり、読みながらゆーったりした気持ちになっていきます。
    興奮してなかなか寝付いてくれない日があり困っていましたが、この本を読むと静かに聞いてくれます。そしてあくび‥眠くなっちゃうみたいです。
    寝る前の1冊にぴったりの絵本です。

    掲載日:2016/12/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねむっちゃう

     3人の子ども全員が大好きな本でした。1歳前から寝る前に読んであげていました。いろんな動物が眠くなり,最後の所は,子どもの名前に置き換えて読んであげるととても喜びました。簡単な文の繰り返しなので,文字が読めなくても,暗記して,だんだん一人で読むようになりました。ぼろぼろになって色が変わるほど読みました。思い出の一冊です。

    掲載日:2016/05/22

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「もうねんね」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おおきなかぶ / うずらちゃんのかくれんぼ / くだもの / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おかっぱちゃん
    おかっぱちゃん
     出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
    NHK Eテレでアニメーション番組にもなった「おかっぱちゃん」が 新しいオリジナルストーリーをたずさ


『はなびのひ』たしろちさとさんインタビュー

みんなの声(143人)

絵本の評価(4.4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット