ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ひらいた ひらいた」 1歳のお子さんに読んだ みんなの声

ひらいた ひらいた 作:わかやま けん
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1977年03月
ISBN:9784772100519
評価スコア 4.16
評価ランキング 17,046
みんなの声 総数 60
  • この絵本のレビューを書く

1歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 歌いましょう

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    1番2番は知っている人も多いと思う童謡ですが3番以降はしろくまちゃんやこぐまちゃんが歌詞に登場するようなオリジナル歌詞ですね。
    1番2番は当然歌いました。3番以降は私が音痴なのもあってちょっと音程が怪しくなってしまいました…。やはり慣れた歌詞のほうが歌いやすいです。
    こぐまちゃんたちが好きな娘は気に入っているようです。

    掲載日:2015/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 歌をうたいながら

    1歳1ヶ月で図書館利用。

    ひらいたひらいたの歌にあわせて
    読み進められる本。

    歌をうたいながらページをめくっていくと
    こぐまちゃんの絵に反応してるのか
    歌に反応してるのかわかりませんが、
    ニコニコ絵本を見てますが、
    途中で長く感じてしまうのか
    絵に動きがないからか、
    さいごまでじっとしてくれず、
    自分でどんどんページをめくったり、
    閉じてしまったり。

    もう少し、絵の変化がわかったり
    言葉の意味と絵が一致するようになったら
    楽しめるのかな。
    別の、ストーリー形式のこぐまちゃんの方が
    好きなようです。

    掲載日:2013/11/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 歌いながら♪

    • みちゃママさん
    • 20代
    • ママ
    • 茨城県
    • 男の子1歳、女の子0歳

    こぐまちゃんシリーズはほとんど読みました。

    この本はお話ではなくリズミカルに歌いながら読む本です。

    こぐまちゃんがわらった の場面では子供も笑顔に。

    ねずみさんの場面はイマイチよく分かっていない様です。

    子供と一緒に歌いながら読んでる時、幸せを感じます。

    掲載日:2012/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと長めかも…

    0歳の頃から持っていて、見せているのですが、息子1歳半になった今でもまったく興味を示しません。
    こぐまちゃんシリーズが他にないので、親しみがわかないのもひとつなのかな…。
    ただ、歌にのせてという絵本のせいか、ちょっと文字量が多く、0歳や1歳だと子どもを選ぶかなあという気はします。
    それに、「ひらいた」と「つぼんだ」が見開きの左右にある構成なので、例えばいないいないばあのように種明かしが次のページにまたがっているとワクワクする気がするのですが、広げた瞬間に全部見えてしまって、いまいち躍動感をもって読みにくいというか…。
    もう少し大きくなって、きっちり絵を追えたり考えたりできるようになるとまた違うのかな?
    もし低年齢の子にと思うなら、一度読んでみてからをお勧めします。

    掲載日:2011/03/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 歌あそび

    「ひーらいたぁ ひーらいたぁ」の歌から広がった絵本です。

    こぐまちゃん達が泣いて笑って、ぞうやかばもでてきて・・・

    1才の子に読み聞かせていましたが、とてもいい反応でした。
    一緒に聞いていた5才の子供も、とても気に入っています。
    私は歌わずに読みましたが、言葉の響きがよくて、ストーリーもおもしろいようです。

    泣いたり笑ったりした後、「ひらいた ひらいた」に戻って締めくくられたことが、面白かったです。

    掲載日:2011/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 繰り返しのリズム

    繰り返しの言葉、
    わかりやすくてリズムがあって
    文章の長さもちょうどいい。
    このシリーズはだいすきです。

    はっきりした絵がわかりやすいようです。
    歌うように読んだり
    いろんな声で読んだり、
    たのしいです。

    掲載日:2010/12/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • たのしいわらべうた

    楽しいわらべうたの本です。1歳の娘に読みました。いつもと違って歌なのて、娘もちょっとビックリした表情ながらも、徐々に歌に溶け込んで体を揺らしたりして楽しそうに踊ってました。わらべうたの歌詞は優しい響きで好きです。こういう歌がいつまでも懐かしいものとして次世代に語り継がれていかれれば良いなぁとしみじみ想いました。うちの娘にも是非覚えてもらいたいです。

    掲載日:2010/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供が飽きちゃう

    見開き1ページで長い歌詞がついてるので、読み進めるのにかなり時間がかかります。
    ページ数も多く、長いのでちょっとクドイかなーと思ってしまいます。
    歌詞の長さに対して絵の動きが少ないです。
    あと、こぐまちゃんの絵では「開いた」とか「つぼんだ」とかの言葉の意味がイマイチ伝わりにくいような気がします。
    1歳の娘はどうも退屈してしまうようで、途中でどんどんページをめくってしまい、全然歌いきれません。
    そして途中で本を閉じられ強制終了になってしまいます。
    絵本ナビの紹介では0歳から、となっていますが、きちんと読めるのはもっとずっと大きくなってからでないと難しいと思います。
    童謡にあわせてすすんでいく絵本というのはすごく良いと思うんですけどね。

    掲載日:2010/08/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 探してました

    「ひらいたひらいた」の歌を知らない私ですが、こういう本を探していました。反対言葉の本ってなかなか少ないですよね。対照的な二つのことを続けて述べることによって得られる娘の反応を見るのが楽しいです。悲しい“ないた”の顔の次に思いっきり楽しい顔して“わらった”を見せると「あれ?」というような顔。そのあと自分で何か考えてるようす。こういう本は脳にも刺激的で良いと思います。

    掲載日:2010/03/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子守唄!?

    • ぷぴさん
    • 30代
    • ママ
    • 岐阜県
    • 女の子1歳

    童謡「ひらいたひらいた」にいろんな歌詞をつけた絵本です。

    とおして唄うととても楽しいですよ。
    ただちょっと長いので最後までいっきに唄うと疲れちゃいますが…。


    娘にとってはなぜか子守唄??
    当時、抱っこをしてあげないと眠れなかった娘に、
    この本をみせながら唄ってあげるといつの間にかウトウト(-_-)Zzz

    これをきっかけに娘の寝かしつけは子守唄に!
    今はある決まった歌を唄ってあげると眠ってくれるようになりました。

    掲載日:2009/08/10

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ひらいた ひらいた」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / ねないこ だれだ / くだもの / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / はらぺこあおむし / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ドイツで大人気!バニーが日本上陸

みんなの声(60人)

絵本の評価(4.16)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット