モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

さつまのおいも」 1歳のお子さんに読んだ みんなの声

さつまのおいも 文:中川 ひろたか
絵:村上 康成
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1995年06月
ISBN:9784494005635
評価スコア 4.74
評価ランキング 806
みんなの声 総数 275
  • この絵本のレビューを書く

1歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 「みんな」と共有する楽しさ!

    「人生って楽しい」をテーマに娘に絵本を選ぼうと思って出会った本です。さつまいもと鹿児島弁とおならで、おもしろい!と即決でした。
    娘が0歳後半頃からそばに置いておきましたが、1歳になってわかることが増え、毎日のように「読んでよんで」とせがまれるようになりました。
    ご飯を食べたり、歯を磨いたり、運動したりするところでは、娘も同じような動作をし、芋を掘って食べる時は保育園でのお友達を連想し、何気なくいる犬をみつけるとワンワンを指さし、おならをしたら臭いというそぶりをしたり・・最近覚えたいろんな動作を絵本を読みながら得意げに、楽しそうに表現しています。
    芋はたくさんなるし、みんなで芋をほり、みんなで焼き芋をし、みんなでおならで騒ぎ・・このお話のあらゆる場面は「みんなで」なんですよ。みんなで楽しみを共有している温かさに笑顔が加わって、我が家の最高の一冊となっています。

    掲載日:2010/03/09

    参考になりました
    感謝
    2
  • 受けがいいです

    言葉にリズム感があり、
    読み聞かせやすいです。
    村上康成さんの絵は子供受けすると友人がいっていたので、
    図書館でかりてみました。

    最後のページでなぜか息子はにっこり。
    気に入ってくれてるのでよかったです。
    一日に何回も読まされる絵本のひとつ。

    掲載日:2010/10/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • ふっくらほくほくおいしそう

    3歳1ヶ月の息子に読んでやりました。さつまのおいもは実は地面の中で私たちと同じ様に生活している・・・とちょっと奇妙なストーリーですが、最後に綱引きにたとえたいもほりがかわいい!中川ひろたかさんだから描けるおいもの世界です。

    おいもにだって人権?イモ権?があるんだといわんばかりの生活ぶり。なんだかくすっと笑ってしまうものもありますが、その表情もかわいいです。息子はさつまいもが大好きなので、見入ってしまっています。まだ、いもほりをしたことがないので、こんな風においもが取れるんだよと教えてあげました。いもほりをしたら、この本のことを思い出してくれるでしょう。

    最後のほくほくの焼き芋ななんともいえないふっくらほくほくでおいしそう!食べたい、おいしそうを連発の息子を止められるのは、やっぱり焼き芋しかありませんね。

    さつまいもが大好きなお子さんにはお勧めですよ。

    掲載日:2009/06/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • 最後がちょっと・・。

    さつまいもたちが土のなかでトレーニングしたりごはんを食べたりして育っていく、ユニークなお話。芋掘りのイメージを綱引きとして描かれているのも面白いです。子どもは喜ぶ展開かもしれませんが、おならを出してくさーいというオチは私はあまり好きではないです。

    掲載日:2015/12/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろい!

    • りょーちさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子1歳

    娘はまだ芋ほりを経験したことがないのですが
    たくさんおいもさんが並んでいるページに大興奮していました。
    子供たちに引っこ抜かれないように必死になっている姿がかわいいですね。
    寝ているさつまいもが夢をみているのも笑えます。
    秋の芋ほりが数倍楽しくなりそうな1冊です。

    掲載日:2010/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • ユニーク

    お芋がまるで私たちと同じような日常を送っている姿がユニークでした。おいもほりの季節に読んであげると面白いかと思います。おいもだけのストーリーですが、不思議と楽しかったです。中川ひろたかさんのユーモアのセンスは最高ですね。

    掲載日:2010/03/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • まけたー。

    葉っぱのたき火で焼き芋大会なんて ちょっとした憧れです。
    息子はおいもさんが寝ているところで
    「ねんねねんね」と喜んでいます。
    シルエットが本当においもの形そっくり。
    勝ち負けにこだわるおいもさんがユニークで
    ラストは負けたーと思いました。

    掲載日:2010/02/01

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「さつまのおいも」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / ねないこ だれだ / だるまさんが / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット