庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

さつまのおいも」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

さつまのおいも 文:中川 ひろたか
絵:村上 康成
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1995年06月
ISBN:9784494005635
評価スコア 4.74
評価ランキング 804
みんなの声 総数 275
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 大喜び♪

    幼稚園のお芋掘りがあったので子どもに読んであげました。

    中川ひろたかさんと村上康成さんの絵本が好きで、これまでも何冊か読みましたが、この「さつまのおいも」は一番のお気に入り!

    「ごはんもたべる」と言えば「え〜!ごはん食べるの!?」
    「トイレにもいく」と言えば「え〜!トイレにも行くの!?」
    とつっこみを入れながら大笑い。

    お芋が擬人化されているので、もしかしたら小さい子には面白さが理解しづらいのかもしれませんが、幼稚園年少さんぐらいから楽しめると思います。

    特に最後のお芋の逆襲の場面がお気に入り。
    何度読んでも爆笑しています。

    掲載日:2010/11/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • 長男はゲラゲラ

    • たんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 大分県
    • 女の子8歳、男の子4歳、女の子2歳

    実は長女が3〜4歳のときに読んだときにはそれほど反応がいいわけでもないし長い間よんでいなかったのですが長男が4歳になったので読んでみたらゲラゲラと笑ってました。
    さつまいもがトイレするところとか、子ども達がおならをするところとか。
    男の子はやっぱりこういうネタ好きなんですねぇ。。。
    幼稚園でおいもほりをするそうなので読んでみました。
    もうすぐ落ち葉で焼き芋大会をするようなので、この本を見て楽しみにしています。

    掲載日:2010/10/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • おいも、してやったり!

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、男の子4歳

    4歳の息子と読みました。
    土の中でご飯を食べ、眠り、運動をして、私たちと同じように生活しているおいもたちに親近感がわきました。
    なんでそんなに運動がんばるんだ?と思っていたら、なるほどそういうことだったんですね。お芋掘りやったことありますが、ちょっとやそっとじゃお芋は土からでてきてくれません。これだけ鍛えていたのなら当然ですね(笑)
    おいしい焼き芋を食べた後は、あちらこちらでプップップー。
    息子も面白がっていました。さいごににやりと笑うおならになったおいもに、やられた〜と感じました。

    掲載日:2016/07/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しいおいもほり♪

    おいもほりシーズンに借りました。

    土の中のおいもさんの様子、おいもほりの様子などが楽しい展開で描かれています。

    おいもさんの日常笑えました。

    有り得ないんですが、想像すると楽しい^^

    息子も笑っていました。

    でもやっぱり1番面白かったのは最後。

    親子でケラケラ笑いました。

    さつまいも美味しいですね^^

    掲載日:2012/12/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白い!

    芋ほりに行って来た4歳長女に読みました。

    ただのおいもほりのお話じやないんですね。おいもたちが日々体を鍛えてるんですが、それがなんと人間達とのおいもほりに負けないため。おいもほりが、綱引きになっていてとっても楽しいです。中川ひろたかさんって本当にすごいなと感心しました。

    負けてしまったおいもたちですが、実は最後に「勝ちでごわす」さて、何ででしょうか?読んでみてくださいね。

    掲載日:2012/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • おいもがトイレしてる〜

    最近、園でおいも掘りにいった年長さんから
    おおきなおおきなさつまいもをおすそわけしてもらった娘。

    やっぱりここは「さつまのおいも」でしょう!

    と、久しぶりに読んでみました。
    入園半年を過ぎ、下ネタにはかなりうける娘。
    もうおいもが土の中でトイレしてるだけで大うけ!

    期待を裏切らず、最後まで楽しく一気に読めました。
    早く年長さんになっておいもほりいきたいね〜!

    楽しい絵本です!

    掲載日:2012/11/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後はいつも大爆笑です。

    「ピーマン村の絵本たち」シリーズの中の1冊です。

    おいも掘りを経験した、4歳の娘が大好きになった本です。

    この本は、おイモ達の生活?が、とっても面白く描かれてて、今まで以上に「さつまいも」が、大好きになると思います。

    なんといっても、ラストの「おなら大会!?」は、子供達が何回読んでも大爆笑です。
    是非、1度読んでみて下さい!!

    掲載日:2011/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • さつまいもが可愛い

    • お豆腐さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子4歳

    とにかく、さつまいもが可愛いです。北海道に住んでいるので、「いも」というと、じゃがいもを連想してしまいますが、さつまいもを身近に感じられてとても楽しかったです。

    文章も簡単で、読み聞かせが、楽しいです。4歳で読みましたが、もっと小さくても楽しめる絵本だと思います。

    掲載日:2011/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • さつまいもほり

    4歳の娘の「おいも掘り」の時期に合わせて図書館で借りてきました。

    絵本の前半で、さつまいもが土の中で生活する様子が描かれていて、娘は興味心身で見ていました。
    綱引きする場面では、運動会で綱引きをしたばかりだったので、いっしょだねと喜んでいました。
    短い文章リズミカルに展開するので娘がひとりで読むのに最適です。楽しんで読んでいます。
    「わたしたちのかちでごわす」というお芋のセリフがお気に入りのようです。

    オチは、「そうくるか!」といった感じでプッと笑ってしまいましたが、娘は爆笑してました。

    掲載日:2011/11/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • さつまいもを食べる頃にはおススメ

    以前読み聞かせで読んでもらったことがある絵本です。
    読み聞かせではみんなこの絵本に釘付けでした。
    家で久々読んであげたのですが、やっぱり釘付けでした。
    子供は一番笑ったのはやっぱり子供たちが「プー」っておならが出る場面。
    おならネタってやっぱり子供は好きですね。

    掲載日:2011/02/20

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「さつまのおいも」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / ねないこ だれだ / だるまさんが / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット