ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

ゼラルダと人喰い鬼」 大人が読んだ みんなの声

ゼラルダと人喰い鬼 作:トミー・ウンゲラー
絵:トミー・ウンゲラー
訳:田村 隆一 麻生 九美
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1977年
ISBN:9784566001114
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,701
みんなの声 総数 41
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  •  かつて図書館で、「これ借りますか?人喰い鬼のお話ですってよ?」と息子に表紙絵を見せると、「ぼくは、いいです。もっと大きい人が読んだほうがいい本です」と拒否られた作品です。
     
     今回図書館から借りてきて「覚えてる?」って、聞いたら記憶がないそうで、「今夜読む?」って聞いたら「もっと大きくなってから読みます」と笑っていました。
     
     さて、お話の出だしは本当に恐ろしい。
     読んでもらっているお子さんがお布団の中にもぐってしまいそうです。
     人喰い鬼の出没で、町に子どもが見当たらないなんて物騒ですよね。
     そんな町のうわさも聞こえぬのどかな谷間の森の開拓地に住むゼラルダ。
     人喰い鬼に出会ってもたじろぎもせず、怪我の手当てをしてあげる優しさに、逞しく育っているんだな〜って思いました。
     市場に売りに行くはずの食材を使って料理を始めたところで、並々ならぬ寛大さに感激します。

     とにかく「お料理をするのが好き」ってことが身を守ることになるなんて。
     おいしい料理で人喰い鬼がいなくなるなんて、素敵ないお話です。
     ゼラルダが人喰い鬼のお城で作った代表的な夜食のメニューに見入ってしまいました。
     私も“七面鳥の丸焼きシンデレラ風”に大笑いです。
     ウンゲラーさんならではの遊び心でしょうかね。
     エンディングの強引さ(笑)もなんか理解できます。

    掲載日:2010/10/01

    参考になりました
    感謝
    2
  • 人より美味しいもの・・

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子9歳、男の子6歳

    読み聞かせの本を探していて、
    本の大きさが大きいので目に留まりました。

    人食い鬼を退治するには、
    人よりも美味しいものを食べさせればいいと気づいたゼラルダと
    人食い鬼のちょっとコメディータッチなお話です。
    才気と知恵で困難を乗り越えるのはいいですね。

    この展開になるか?と思いましたが楽しく読みました。
    今回は別の本を読みましたが、
    本が大きいので読み聞かせに向いてるのではないかと思いました。

    掲載日:2010/07/07

    参考になりました
    感謝
    2
  • 人食い鬼から身を守ったのは…

    • かよたさん
    • 20代
    • その他の方
    • 東京都

    朝ごはんに子どもを食べるのが大好きという人食い鬼。
    最近子どもを食べていないので、腹ペコです。
    そんな鬼の前に現れたのは、人食い鬼の噂を知らないゼラルダ。
    人食い鬼はゼラルダに飛びかかろうとしますが…。

    鬼から身を守ったのは、強い武器でも大きな体でもなく、ゼラルダの優しい心と料理の腕。
    恐いながらも、ワクワクするようなお話でした。
    読み聞かせにもピッタリだと思います。(最初は恐がるかもしれませんが)

    このお話をただの昔話・童話で終わらせないのが、最後のページ。
    エンディングにちょっとしたスパイスを効かせてくれるこの絵が好きです。

    掲載日:2012/02/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • おどろきの展開

    タイトルから一体どんなお話しだろうと思い、読んでみました。
    子どもを食べるひとくい鬼に、出だしは不穏な雰囲気。だけど、思いもつかない展開に。特に、最後はびっくりしました。
    ウンゲラーらしい、少し毒のある、でもラストはハッピーなお話でした。
    物語の鍵になるゼラルダの料理もおいしそうで、見ていて楽しかったです!

    掲載日:2016/04/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ごちそう

    図書館のオススメコーナーにあったのですが、子供には「読みたくない」と拒否されたので、私一人で読みました。

    確かに、怖い場面はあります。
    でも、とってもおもしろかったのです!!

    ゼラルダのお料理の美味しそうなこと。
    「夜食」とありましたが、パーティーのごちそうですよ。

    二人の結婚というハッピーエンドには、またまた驚きでした。

    本当におもしろかったので、うちの子にも読み聞かせたいのですが、表紙の絵とタイトルの怖さで、「絶対にいや」と言われています。

    掲載日:2011/09/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ヨーロッパの昔話にも似ていますが

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    この絵本を手にするまで、作品を知りませんでした。結構たくさんの人がナビに感想を書いていてビックリです。

    なかなか面白い作品で、ヨーロッパの昔話に似ているストーリー展開ですが、トミー・ウンゲラーらしいスパイスが物語をさらに面白くしてくれています。

    怪物のくせにちょっと間抜けなところが、いい味出てますよね。
    楽しくて、先がどうなるのか分からないワクワク感がなんともいえない話なので、4,5歳くらいから小学校高学年くらいまでお薦めできます。
    絵がはっきりしていて遠目もきくので、読み聞かせにもお薦めです。

    掲載日:2010/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人食い鬼の怖い顔に 子供たちも大人も怖い〜
    子供たちは みんな 地下の隠れて・・・・

    そんな人食い鬼のことを知らない ゼラルダかわいい女の子は、お料理が大好き お母さんがいないから 自分で作るようになったのかな?
    料理好きは良いですね!
    楽しそうに考えながら 美味ものつくる彼女の顔が愛らしいですね

    彼女は本当に優しい子なんですね、 人食い鬼と知らずに 美味しいものを作ってあげる
    オランダガラシのクリーム・スープ
    マスのくんせいケイパーそえ
    カタツムリのニンニク・バター漬け
    トリとブタの丸焼き

    美味しそう!
    あまりのおいしさに 人食い鬼は、彼女をお父さんと人食い鬼のお城に行くのです

    ほんとに あこがれです 美味しいもの食べるのは 幸せを呼ぶんですね!
    彼女の人徳ですね

    なんと この人食い鬼とゼラルダが結婚するなんて?
    それは予想外ですが 人食い鬼も 変わったのですね! 子だくさんで 幸せなら めでたし めでたしかな?

    怖い話でしたが、最後はハッピーでよかった!

    掲載日:2010/10/04

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ゼラルダと人喰い鬼」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / おおきなかぶ / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / くだもの / てぶくろ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(41人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット