ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

すきまのじかん」 大人が読んだ みんなの声

すきまのじかん 作・絵:アンネ・エルボー
訳:木本 栄
出版社:ひくまの出版
本体価格:\1,600+税
発行日:2002年03月
ISBN:9784893172655
評価スコア 4.38
評価ランキング 9,506
みんなの声 総数 15
「すきまのじかん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • アンネ・エルボーの美しく柔らかい絵の印象が大好きで、探していたのですが、
    出版元のひくまの出版が倒産してしまい、日本語のものを手に入れるには難しくなってしまいました。

    ようやく古本屋で手に入れた一冊です。

    一日のうちに、ほんのわずかなあいだ、ゆうぐれどきにあらわれるすきまのじかん。

    どこにも属さないかわりに、すきまにもぐりこむじかん。
    すきまのじかんの穏やかさ、つつましさが、柔らかな絵とことばから伝わってきます。

    日々の忙しさのなかで、こうした「すきまのじかん」さえ、感じられなくなっていることはないでしょうか。

    ときに、本をひらいたまま、ものおもいにふけり、そのはかない「すきまのじかん」を感じることが大切なように思います。
    「すきまのじかん」が飛んでいった「むこうがわのじかん」は夢のような世界なのかもしれません。
    すきまのじかんが過ごす夢、ここではないどこかで流れている時間、それらを想像するのもよいかもしれません。

    掲載日:2015/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • はかなく美しい時間

    • かよたさん
    • 20代
    • その他の方
    • 東京都

    絵の雰囲気とタイトルに惹かれて、図書館で借りてきました。
    作者のアンネ・エルボーさんは『おつきさまは よる なにをしているの?』という絵本で、99年ボローニャ・ラガッツィ賞を受賞した絵本作家。その他にも、数々の栄誉ある賞を受賞しているそうです。

    太陽の時間と闇の時間の間の、ほんのわずかな『すきまのじかん』のお話。
    すきまのじかんは、いがみ合ってばかりの太陽の王様と闇の女王様の間にはさまれて、ひっそりと暮らしています。
    そんなある日、よあけのおひめさまの話を聞き、こっそり会いに行ってみることにしたのです。

    優しい雰囲気でありながら、どこか力強さを感じる絵。
    擬人化されたそれぞれの時間が、とても魅力的に描かれています。
    小さいお子様の読み聞かせにはあまり向いていないかもしれません。
    子どもが寝静まった後、夫婦でそっと開いてみる…そんな読み方も素敵だと思います。

    掲載日:2011/08/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本なのだけれど、文章にも絵にもそれぞれ詩心があふれていて
    とても素敵でした。
    あたまにゆびぬきをかぶっていたり、なにもかいていないちいさなほんを
    持っている「すきまのじかん」。しーんとしていて心細くて、でも、
    とても美しくてうっとりしてしまいます。
    構成も「すきま」たっぷりで、余韻にひたりつつ読みました。

    よあけのおひめさまや、すきまのじかんの素敵さを共有できる誰かと
    この絵本のことを語り合いたいなあと思いました。

    掲載日:2010/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 誰かと時間を共有する喜びを…

     これは詩だ〜〜〜〜〜。
     美しい文です。
     1ページ目を読んで、一生懸命私の記憶の中の“隙間の時間”を思い起こしていました。
     幼い頃、この時間を感じて、『今日も終わるな〜。もっと遊びたかったな〜。』なんて玄関先で、泥んこになった足を洗っていたあの時の時間。
     “向こう側の時間”は、論文のための完徹のあと、寝るに眠れず公園に散歩に出かけた学生時代のあの時間。

     文のイメージピッタリの絵。
     ユニークなデフォルメと美しい色彩に魅了されました。
     “時間”たちの姿が、皆それらしく魅力的です。
     指ぬき帽子の“すきまの時間”のキャラはとても惹きつけられました。

     誰かと時間を共有する喜びを、改めて思い出させてもらいました。
     大人の方にお薦めします。

    掲載日:2010/01/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 独特の世界

    • ベーベさん
    • 30代
    • その他の方
    • 長野県

    大きなインパクトがあるわけでもないのに、こころにしずかに染み入ってくるような不思議で独特の世界が忘れられなくなりました。あとからジワジワときました。がんばりすぎて疲れてしまうような方におすすめです。

    掲載日:2010/01/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 詩的でいて 哲学的な 

    ゆうぐれどきの すきまのじかんを しっていますか?
    お話にひきこまれます

    太陽の王様とやみのじょおおうのいがみあい 
    そのあいだの すきまのじかん かぼそい絵の表現がまたステキです。

    絵のおもしろさは 作家の アンネ・エルボーさんのセンスの良さですね。

    ロマンがあるのです、 この絵本で みんなに伝えたかったこと、

    それは読む人の心かもしれませんね。

    子供には少し難しい世界かもしれませんね

    掲載日:2009/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 詩的なお話。

    逢う魔が時を「すきまのじかん」として表現するところが
    詩的で好きです。
    朝と夜 絶対的権力ともいえる存在の間に隠れるように在る彼は
    なんだかせつないです。
    このすきまのじかんが恋をした相手が「よあけのおひめさま」。
    物語は美しくてとても好きです。
    バラは「すきまのじかん」にとって
    おひめさまであると同時に言葉ではとても表せない思いなのですね。

    掲載日:2009/01/23

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「すきまのじかん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / はらぺこあおむし / かいじゅうたちのいるところ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / すてきな三にんぐみ / ルリユールおじさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 1
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 7

全ページためしよみ
年齢別絵本セット