十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

チムのいぬタウザー チムシリーズ 7」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

チムのいぬタウザー チムシリーズ 7 作・絵:エドワード・アーディゾーニ
訳:なかがわ ちひろ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2001年09月
ISBN:9784834017175
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,566
みんなの声 総数 9
「チムのいぬタウザー チムシリーズ 7」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • テンポもよくて楽しめる内容でした

    題名を「チムといぬのタウザー」と思い込んでいたのですが、「チムのいぬのタウザー」だったのですね。

    チムとジンジャーは、ボートの中に子犬を見つけ、こっそり船の中で飼い始めます。

    こっそり飼いながら、飼ってくれる人を探すのですが、子犬からあっという間に大きくなってしまうところがおもしろかったです。

    しかも、チムとジンジャーは自分のごはんの残りをやっているので、犬が大きくなればチムたちがやせてしまうという点が、チムたちには気の毒だけれど、その対比ぶりがおかしかったです。

    犬嫌いの船長が犬の幻覚を見たと思って、仕事の意欲をなくしてしまい、船が遭難しそうになるところでは、ハラハラドキドキ。

    このハラハラさ加減が、毎回冒険要素を際立てています。本当の嵐だったら怖いですが、物語なので、安心して読めます。

    テンポもよくて楽しめる内容でした。

    掲載日:2008/10/08

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「チムのいぬタウザー チムシリーズ 7」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / からすのパンやさん / 三びきのやぎのがらがらどん / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット