しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

あめのひだいすき」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

あめのひだいすき 作・絵:バレリー・ゴルバチョフ
訳:那須田 淳
出版社:ノルドズッド・ジャパン
本体価格:\1,400+税
発行日:2002年6月
ISBN:9784901492355
評価スコア 3.86
評価ランキング 28,819
みんなの声 総数 13
「あめのひだいすき」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 雨の日はごっこ遊びが一番?

    3歳10ヶ月の息子に読んでやりました。雨が続く日々を楽しく過ごしてもらおうと読んでみました。

    こうさぎたちは、雨降りの天気で外に出られないと文句の言い続け。そしたら、お互いに○○に行くごっこがはじまります。砂漠にいったことにしよう、ジャングルにいったことにしよう、南極、宇宙・・・そのたびに他のこうさぎたちはいろいろな文句をつけてそこへ行くのが怖い、いやだ・・・となかなか遊びまでに発展しません。そんなことを続けているうちに雨がやみ、お母さんが外へこうさぎたちを連れ出してくれます。虹がでているので、それを見に・・・。

    雨の日の過ごし方っていろいろあると思いますが、人数が多いとこうやって○○ごっこみたいなのが楽しいですよね。ただ、このこうさぎたちは慎重というかものぐさというか、とても否定的。なかなかごっこ遊びに発展しません。息子とはそういう遊びをしたことがありませんが、この本を読んで、そういう遊びに興味を持ったかもしれませんね。

    掲載日:2011/07/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 梅雨の時期にどうぞ

    雨の日に家で退屈している子どもたち。
    でも「みんなで さばくにいこう!」「ジャングルにいこう!」・・・と、どんどん想像がふくらみます。
    お話が続く間にも子どもたちがさりげなくおかあさんの手伝いをしていたりするところには、娘はなかなか目がいかなかったようです。
    そして、雨があがった後にはやっぱりコレですね。
    親子で走っていくうしろ姿がとても楽しそうでした。

    雨の日にこの本を読んで、雨があがったらこのうさぎ親子のように長靴で水たまりをじゃぶじゃぶしながら散歩にいくのもいいですね。

    掲載日:2008/06/02

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「あめのひだいすき」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / はらぺこあおむし / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(13人)

絵本の評価(3.86)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット