大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

あめのひ」 大人が読んだ みんなの声

あめのひ 作:ユリ・シュルヴィッツ
訳:矢川 澄子
画:ユリ・シュルヴィッツ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1972年09月20日
ISBN:9784834010770
評価スコア 4.32
評価ランキング 12,925
みんなの声 総数 24
「あめのひ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 表紙に登場する女の子の表情が心に留まったのでこの絵本を選びました。文章が端的なのが良いと思いました。まるで詩の様な運び方でうっとりしました。右左の場面が対照的になっているのもセンスがあってよいと思いました。泥んこで遊ぶ場面が幸福に満ち溢れていて私まで楽しい気分になりました。雨の日が楽しみになる絵本です。

    掲載日:2010/05/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • 雨の日も美しく楽しい!

    シュルヴィツのイラストが好きな私には,雨の日も美しく楽しく思える絵本でした!
    雨の日の女の子の想像と心情がよく描かれています。
    静かだけど楽しそう!
    そう,子供は雨だった外で楽しみたいのです(笑)。
    雨の日にゆっくり親子で読みたい絵本ですね☆

    掲載日:2015/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雨の日の感性

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子21歳、男の子19歳

    『よあけ』、『ゆき』のユリ・シュルヴィッツの作品。
    『RAIN RAIN RIVERS』が原題。
    雨の日の様子を、静かに、耳を澄ませて感じさせてくれます。
    雨音、水の流れ、そこここの生き物の気配。
    海まで流れ着くスケールは雄大ですね。
    地味な絵ですが、それだけに感性が研ぎ澄まされます。
    そう、雨の日こそ、こんな感性、大切にしたいものです。
    幼稚園児くらいから、音読をたっぷりとしてあげてほしいです。
    やはり雨の日に、どうぞ。

    掲載日:2015/07/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 詩のようです

    よあけ、がとても素敵だったので
    こちらも読んでみました。
    雨の日の女の子の想像がどんどん膨らんで
    視野がぐんと広がって
    空や海や、広がる情景。
    詩のような言葉とほわっとする絵。

    なんだか、あめのひ、って素敵だなって思います。
    大人が朗読してもいいな、と思いました。

    掲載日:2010/11/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵とお話が詩的でいいな〜

    あめが ふりだした ほら きこえる

    雨の音は 耳で聞いて あっ! 雨が降り出したと 家の中にいると築くことがあります。(洗濯もの 入れなくてはみたいに思うのです・・・)

    まどに ぴしゃぴしゃ 
    やねに ばらばら  
    雨の音が この絵本を見ていると聞こえてきそうです・・・・

    あめは やねを すべって といの とんねるくぐり
    どぶを はしる(この どぶという言い方が おかしくもあり 懐かしくもあり すごく親しみを感じてます)

    かえるさん だまって! みんな みずに もぐって あめの うたをおきき

    この場面は 私もカエルになったようです

    (この言葉を聞いていました) 

    雨の 恵みが感じられて良い絵本でした 静かに 一人で読んでいます

    読み聞かせしてあげたいような気もしています。

    掲載日:2010/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 北斎みたい

    ユリ・シュルヴィッツ、「よあけ」がとってもとっても
    素敵だなあと思って、期待しすぎていたせいもあるかも
    しれませんが、それほど心に響いてこなかったです。

    あめふりも好きなのだけどなあ。
    北斎?って気になり過ぎちゃったせいもあるかもしれ
    ないです。北斎だったら文字はいらないよなあと。
    この絵本、文字多いわけでは決してないけど、でも全く
    文字いらないかなあと。

    雨の降り方とか、一番波がたっているところなんて、
    波の向こうに富士山あれば富嶽百景ではないか!
    (その前のページの波からして北斎だと夫も申して
    おります)。
    似ていたって、もしかして真似だって全く構わないのですが
    気になっちゃうのだよなあ(つくづく)。

    掲載日:2010/03/25

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「あめのひ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第12回 『あったかいな』の片山健さん

全ページためしよみ
年齢別絵本セット