庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

かれえだ」 12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声

かれえだ 作・絵:吉田 遠志
出版社:リブリオ出版
本体価格:\1,700+税
発行日:2001年08月
ISBN:9784897849478
評価スコア 4.75
評価ランキング 732
みんなの声 総数 7
「かれえだ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 奥の深い野生王国の実写絵本

    吉田さんの「絵本 アフリカのどうぶつたち」シリーズは、絵の素晴らしさといい実際の話に基づいていることといい、解説に走らず見るものに委ねるようなストーリーといい、とにかく凄さを感じています。
    主役はゾウですが、ゾウの一群が主題。絵本の中はひたすらゾウの集団の行動と、行進の遠景。手前側に、ライオンがいたりジャッカルがいたり、それぞれのドラマを重ねながら実写さながらですが、映像以上に奥の深さと説得力を感じました。
    ゾウは集団で行動するのでしょう。思いやりのある動物なのでしょう。仲間の死を思いやることは、野生動物には想像できないことですが、この絵本はゾウを擬人化した物語ではありません。
    助け合って生きていくゾウの習性、一列に隊列を作って行動すること、事実に裏付けらた話だから淡々とした物語ではありますが、絵の中に思いを込めた象徴性を感じます。(たとえば、傷ついたゾウの描き方、ほとんど見落としてしまいそうな遠景の中のゾウの骨、小さな虫の中を進むゾウの躍動感と白いだけに見える風景の中の虫の実存感。)
    キバのある骨と、キバのない骨。傷ついたゾウ。
    象牙のためにゾウ狩りをするハンターたちは姿を見せないし、解説もないけれど、何度もこの絵本を読み返すうちにたどりつくだろうという奥深さです。
    読み聞かせというより、親子で野生王国を勉強というよりも体感できる絵本です。
    なんとなく、シリーズを全部読んでみたくなりました。

    掲載日:2010/01/30

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「かれえだ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / からすのパンやさん / だるまさんが / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


葉祥明さんの描く不朽の名作

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.75)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット