おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

ふたりはともだち」 8歳のお子さんに読んだ みんなの声

ふたりはともだち 作:アーノルド・ローベル
訳:三木 卓
出版社:文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!
本体価格:\950+税
発行日:1987年03月
ISBN:9784579402472
評価スコア 4.83
評価ランキング 133
みんなの声 総数 129
  • この絵本のレビューを書く

8歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 本当になかよし

    かえるくんとがまがえるくんは本当に仲の良い友だちです。
    5つのエピソードには、かえるくんとがまがえるくんの、相手を思いやる気持ちが溢れています。
    仲がいいからいじわるやからかいも許しあえるのです。
    子どもたちのつきあいにとって、とっても大切なことを語っていると思いました。

    掲載日:2015/03/10

    参考になりました
    感謝
    2
  • 思い出の本を再び。

    • よにんこママさん
    • 30代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子8歳、男の子6歳、女の子4歳、女の子1歳

    我が家にあるこの本は、
    私の母が、病で亡くなる少し前、
    絵本も含め本が大好きだった母に、私からプレゼントした一冊。
    本の扉をあけると
    「○○ちゃん(私の名前)へ 本をありがとう お母さんより」
    と、筆で母からのメッセージが書かれています。

    この秋、小学2年の長男が
    学校で「おてがみ」を勉強したので
    久しぶりに書棚から取り出して、子どもたちに読んで聞かせました。

    がまくんとかえるくんの、ほのぼのとした
    4歳、6歳、8歳の我が子たちがそれぞれ楽しめるお話。

    そして、私の心の中には、
    母との懐かしい思い出。

    母が亡くなって、10年以上経ちましたが
    自分の子どもとこの本を読む、こんな穏やかな日が来るなんて
    あの頃は想像つかなかったな。

    小さい子から、大人まで、楽しめる、
    ほっとできるお話だと思います。

    掲載日:2010/10/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • 小学校の教科書に載っていました。

    • お豆腐さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子8歳

    同じ作者の「ふたりはきょうも」を子供たちに読み聞かせをしたところ、とても面白くて、こちらの絵本も読みました。

    しかも最後の「おてがみ」というお話は、子供たちの通う小学校の教科書にも載っていたこともあり、親しみやすかったようです。初回発行が1972年と書いてあり、びっくりしました。大ロングセラーの本。いままで知らなかったです。

    挿絵も茶色と緑の淡い感じで、とてもなごみます。「がまくん」と「かえるくん」のやりとりが優しさがいっぱい感じられます。

    掲載日:2016/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絶対にハズせない!

    国語の教科書に、この本に掲載されている『おてがみ』が載っています。
    娘は、「これ、すごくいいお話なんだ〜」と読んで聞かせてくれました。

    教科書は『おてがみ』だけなので、こちらを娘に渡してみると、時々ふきだしながら、楽しそうに読んでいました。

    確かに、コミカルで温かくて、とっても気持ちいい!
    1冊に5話収録されているのも、ひとつひとつが長すぎず、児童書初心者でも読みやすいと思います。
    手元に置いておく児童書として、絶対にハズせない一冊です!

    掲載日:2014/11/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • あたたかい気持ちになります

    かえるくんとがまくんは、どのお話しも深くてあたたかいです。
    4冊のシリーズは全部手元に持っておきたい作品です。
    「おてがみ」が有名ですが、私は「おはなし」が大好きです。
    かえるくんのためにがまくんが一生懸命おはなしを考える姿がほほえましいです。何度も読み返してしまします。

    掲載日:2014/04/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親子ではまっています。

    小学校2年生の娘が、国語の授業でこの本に収録されている「おてがみ」を勉強していた頃、毎日、音読の練習で聞かされていました。音読の宿題は、正直、何度も聞くとうんざりしてしまうこともあるのですが、このお話は何度聞いてもほのぼのしていていいです。
    長女が本屋さんで「あ!」とこのシリーズの本を見つけたので、『ふたりはいつも』『ふたりはきょうも』とあわせて買って帰りました。(子どもがほしがったからというよりは、自分が欲しくなったので)
    笑える話あり、あたたかい話あり。親子ではまっています。

    掲載日:2013/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何年経っても名作です

    昔(私たちが子どもの頃)から国語の教科書に採用されている「おてがみ」が収録されています。名作ですね。
    がまくんとかえるくんが、自然体で、お互いの気持ちを素直にぶつけ合いながら、時には、わがままに思えることもあるけど、心の奥では、互いを思いやる気持ちをいつも忘れない、まさに親友だと思います。
    親子間や周りの人たちへの思いやりの気持ち、日々の感謝の気持ちなど、私たちが日頃忘れがちなものを、ほんわか教えてくれます。
    大人になってから読み返してみると、なお一層味わい深い作品ですし、ぜひ親子で読んでほしいな、と思います。
    私が大好きで、娘にも全シリーズ読みきかせました。学校ではこれから教科書に出てくるところですが、授業をとても楽しみにしているようです。

    掲載日:2011/10/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しいともだち

    子供が学校で国語の時間に習ったことから「がまくんとかえるくん」シリーズを知りました。
    その中の「手紙」というものが学校の国語の教科書に載っているのですが、心優しいかえるくんと親友のがまくんのお話です。

    今回他の物語も読んでみたいと思い、「ふたりはともだち」を、購入しましたが
    「はるがきた」と「すいえい」は息子のお気に入りです。
    とっても愉快ながまくんに心優しいかえるくんの二人のやりとりがとっても素敵です。

    友達っていいね。

    掲載日:2010/01/12

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ふたりはともだち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / かえるをのんだととさん / おばけなんてないさ / もこ もこもこ / いないいないばあ / だるまさんが / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



2016年に発売された絵本で好きな絵本は?

みんなの声(129人)

絵本の評価(4.83)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット