おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

ぎゅうって」 大人が読んだ みんなの声

ぎゅうって 作・絵:さいとう しのぶ
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2001年07月
ISBN:9784893252180
評価スコア 4.55
評価ランキング 4,660
みんなの声 総数 21
「ぎゅうって」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 幸せな「ぎゅう」

    さいとうしのぶさんの「あっちゃん あ がつく」のあいうえおの絵本で孫も文字が読めるようになったので感謝しています。やっぱり、さいとうしのぶさんの描く絵本はあったかくて幸せにしてもらえる絵本だと思いました。
    「ぎゅう」って、してもらう幸せもあるけれど、してあげる幸せもあっていっぱい幸せになれる絵本だと思いました。大きくなった今、なかなか「ぎゅう」が出来る機会も少なくなったので、できるときに意識していっぱい「ぎゅう」をしたいと思いました。

    掲載日:2016/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • はるちゃんが可愛い!

    さいとうしのぶさんの絵本は何冊か読んでいて、
    食べ物の絵が印象的だったので、
    私としては意外な感じがしたのですが、
    表紙の泣いてる女の子がリアルで
    子供らしさがいっぱいで読んでみたくなりました。
    「はるちゃん」っていうんですね。
    ウチの長女も「はるか」という名前で
    「はるちゃん」なんです。今は31歳になり
    5歳3ヶ月と2歳7ヶ月の2児のママになっていますが(笑)
    この絵本は1〜2歳の子供の笑顔、泣き顔、
    あどけなさ、甘えん坊が描かれていて、
    動物もお友達のようで、可愛い盛りです。
    子育てが1番大変な時期ですが、
    1番なつかしく、いとおしく感じられる時なので、
    ぜひぜひ読んで欲しい絵本です。

    掲載日:2016/07/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心の栄養

    はるちゃんがママにぎゅうってしてもらうお話です。

    ママにぎゅうってされらことが嬉しいはるちゃんは、犬や猫たちにお話します。
    でも、その“ぎゅう”が上手く伝わりません。

    どんな言葉掛けよりも、無言の“ぎゅう”の方が子どもには伝わるものが大きいのかもしれません。
    この絵本を読んで“ぎゅう”は心の栄養になっていると感じました。

    子どもが頑張った時、ちょっと疲れちゃった時、なんとなく寂しい時など・・・どんな時でも、子どもにとっては“ぎゅう”ってしてもらうことによって安心感を持つのではないでしょうか。

    親子で“ぎゅう”をする大切さに改めて気付くことが出来るオススメの一冊です☆

    掲載日:2008/10/14

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぎゅうって」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / からすのパンやさん / バムとケロのおかいもの / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



葉祥明さんの描く不朽の名作

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.55)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット