しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

おまえ うまそうだな」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

おまえ うまそうだな 作・絵:宮西 達也
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2003年03月
ISBN:9784591076439
評価スコア 4.8
評価ランキング 268
みんなの声 総数 197
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 親子ってなんだろう

    以前から知っていた本ですが、
    息子が本屋でこのシリーズに齧りついていたので購入。

    乱暴で獰猛と言われているティラノサウルスが、
    小さな草食恐竜の赤ちゃんを育てる。
    普通にはちょっと考えられないシチュエーションです。
    赤ちゃんの「おとうさんみたいになりたい」と言う台詞は、
    親にとって最高の賛辞ですね。
    そして、一緒には居られない、自分のようにはなれない赤ちゃんとの別れ。
    愛情があってこその別れが描かれています。
    親子って何だろうと考えさせられる絵本です。

    掲載日:2015/10/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愛情

    • ヤキングさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子11歳、女の子6歳

    宮西達也さんの本はユーモアたっぷりなんだけど、心が温まったり、考えさせられたり、娘のお気に入りです。

    今回は恐竜が主人公。
    娘は恐竜には興味がないので、どうかと思いましたが、見事に夢中になりました。

    産まれたばかりの赤ちゃん恐竜、「お前うまそうだな」と牙をむけば、「パパ!」と言って抱きついてくる。
    「僕の名前、ウマソウなんでしょ」。
    ここは笑ってしまいますが、同じく食べようと牙をむいた恐竜から体を張って助けたり、肉が食べたいのを我慢して草を食べたり、ウマソウも「パパ」のために木の実を採ってきたりと、とても健気。

    最後の方では珍しく文字のない状態が続きます。
    でも、とても感動的です。
    読み終わると毎回、もう一回とおかわりするほどです。
    とても良い余韻の残る絵本です。

    掲載日:2015/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • すてきなお話

    単なるキョウリュウのお話かと思って読んでいくと、全然違うじゃないですか!なんて感動的なお話!
    「おまえうまそうだな」と言ったティラノザウルスの元にアンキロサウルスも出てきて。
    キョウリュウに詳しくない私はどっちがどっちの名前だかよく分からないけど、そんなキョウリュウの種類なんてどうでもいいんです。
    「おとうさんみたいになりたい」と言われて、とまどいながらも色々とウマソウに教えてあげる所や、最後の別れを決める所なんて、泣けちゃいます。
    最後は絵だけで終わっていくというのも、なんか感慨深いですね。
    何度読んでもじーんとしちゃいました。

    掲載日:2014/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • おとうさんみたいになりたい

    おとうさんだいすき〜って言われるより、アンキロサウルスのこどものように「おとうさんみたいになりたい」って言われる方が、どっしりと心に響きます。このティラノサウスルのように全力で子供と向き合っていけたらいいなぁって。そう思わせてくれる絵本です

    掲載日:2014/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思いがけず、涙・・・

    絵とタイトルから、笑える絵本かと、勝手に判断していました。
    笑いの場面もありましたが、結末には、思いがけず涙です。

    親子ってなんでしょう。
    ティラノサウルスだって、間違いなく「ウマソウ」のパパですよ。
    切ないお話でした。

    掲載日:2012/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
    • h.ママさん
    • 20代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子7歳、男の子5歳

    子供よりも親の方が感動してしまう本です。
    子供もそれなりに楽しいみたいですが、理解しきれない部分もあるみたいなのでどうしてこうなんだろうね?どんなきもちなんだろう?など
    質問しながら読んでいます。
    きっとこうかなぁー、違うよー!など兄弟で話したりすごく奥が深い絵本です。
    優しい気持ちになれますね☆
    いつか、何も言わなくてもこうなんだなと理解してくれたらいいと思います。

    掲載日:2011/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵なお話でした

    • ゆっきんぐさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 男の子6歳、男の子4歳

    競走するとみせかけて、黙って背をむけて立ち去ったティラノサウルス。

    ここが一番 グっときました。

    「さようなら、ウマソウ。」赤い実を一つ食べました。
    肉食恐竜なのに。ウマソウがおとうさんのために毎日取ってくれた赤い実を、ウマソウの目の前でなくても食べたおとうさん。

    そんなティラノはすでに本物のおとうさんになっていましたよね。

    子供たちも、シンとして聴き終えていました。

    「おまえ うまそうだな」・・・子供の耳には、「ウマソウ」って名前に聞こえちゃうところがユーモアがありました。もうこれだけでまずは掴まれちゃった!って感じでした。

    他のシリーズはまだ読破してませんが、なんだか、この1冊で終わりたいような気がしないでもありません(笑)

    掲載日:2011/01/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本当の親心

     「ティラノサウルス」のシリーズは、いつも最後にほろり。
    娘も、ラストを見通してか、この子(ウマソウ)かわいいんだけれども・・・、お父さん(ティラノサウルス)も、とってもやさしくて、おもしろいんだけど・・・、なんとなく悲しい予感が・・・、とでも言うように、ちょっとだけ遠くから見つめるようなまなざしで、でも、同時に、先が知りたくてたまらない様子で、聞き入っていました。

     そして、読み終えると、一言、「ちょっとさみしかった」。
    そうだね、今回もまた、ぐっときちゃったね。やっぱりティラノサウルスの“本当の意味での親心”には、何度読んでも涙が出ちゃいます。

    掲載日:2010/10/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • この絵は苦手・・・

    このシリーズは宮西さんの大ファンである、友人から
    全巻頂いて、自宅の本棚にあるのですが
    このての絵は苦手で、ついつい読みそびれていたのですが・・・
    息子とパパが絵本タイムに楽しんでるのを見かけて
    再度、自分で読んでみました。

    表紙の迫力ある、大きな恐竜の絵の印象からは
    「恐竜のバトルものか?」と思ってましたが
    全然違う!!そのギャップのあるお話しにジ〜ンとしました。

    息子もパパとの絵本タイムに、「うんうん。」
    と妙なうなずきをしながら目をこすってたっけ??
    (感動して涙したのかな?)
    パパもすこ〜し目があかくなってたよ〜な??
    私がいままで読まず嫌いだったこの絵本ですが、
    子どもたちにはこの特徴ある絵は親しみやすく、
    また、大きな存在の恐竜をページいっぱいに描くことで
    大きな者が小さなものをいとおしく思う気持ちが
    お話しにそってゆっくりと伝わるようで、
    あ〜!!なんでいままで読まなかったんだ〜!!
    と思い、娘にも読み聞かせしました。

    折角、全作そろってるので、
    またゆっくり読み進めていきたいと思いました。

    掲載日:2008/08/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 胸がつまります・・

    • あつみママさん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子8歳、女の子6歳、男の子2歳

    大好きなティラノシリーズの中でも、一押しの作品です。小さな優しい気持ちが大きな心を動かす、すごくステキなお話です。私も子供も大好き!何度読んでも、読みながら声がつまってしまいます。宮西さんの温かい愛のメッセージが、これでもか!というくらい伝わってくる本当にすばらしい絵本だと思います。

    掲載日:2008/07/10

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おまえ うまそうだな」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / くだもの / ぐりとぐら / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

全ページためしよみ
年齢別絵本セット