すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた

おばさんのごちそう」 8歳のお子さんに読んだ みんなの声

おばさんのごちそう 作・絵:五味 太郎
出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1979年
ISBN:9784871100328
評価スコア 4.36
評価ランキング 9,996
みんなの声 総数 32
  • この絵本のレビューを書く

8歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • へんなものばかりでてくる

    「おばさんは料理の名人」と聞いて、どんな料理をするんだろうと、楽しみになりました。
    「はあい、できあがり!」とおばさんがいうと、へんなものばかりが出てきます。おばさんが料理をしているのを見ている男の子と女の子の顔が、ニコニコしている場面とびっくりしている場面があります。私も同じように、びっくりしたり笑ったりしました。
    おばさんが目玉やきをつくっているのは分かりましたが、なかなか出てこないのでどうしたんだろうと思いました。お茶をのむときのレコードになっていたのですが、わたしは気がつかなくてお母さんが気がつきました。おもしろかったです。

    掲載日:2013/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ビックリ!楽しい!

    長女のお気に入りの絵本です。五味太郎さんらしいカラフルで賑やかな絵本です。
    とっても楽しい雰囲気でおばさんの料理がはじまり、どんなおいしいものが出てくるのかな?と期待していると・・・想像とは全く違ったものが出来上がります。絵本の中の女の子と男の子と同じようなリアクションで、ビックリしながら、でも嬉しそうに、出来上がったものを見ていました。
    子どもたちは、焦げた目玉焼きがレコードになるところは、レコードに馴染みがなくてイマイチ分かっていなかったようですが、それでもこの不思議で楽しいお話が大好きなようです。

    掲載日:2013/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • さすが五味さん

    テレビ絵本で見ました。

    ごそそうの作り方が独特なので何ができるのかな?と息子と楽しみにしていました。

    息子が言うには「ごそちそうじゃないものも作ってるじゃんか」ということ。

    できたものは一体何だったんでしょうね。

    時々息子が「えー!」とか「えっ!」とか驚いている声がおもしろかったです。

    さすが五味さんの本だと思いました。

    掲載日:2010/08/01

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おばさんのごちそう」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / いないいないばあ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / なにをたべてきたの? / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



新しいタイプのおやすみ絵本『バクのほんやさん』たきせあきひこさんインタビュー

みんなの声(32人)

絵本の評価(4.36)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット