十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

いたずらビリーとほしワッペン」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

いたずらビリーとほしワッペン 作・絵:パット・ハッチンス
訳:いぬい ゆみこ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1995年12月
ISBN:9784032025101
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,337
みんなの声 総数 14
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ビリーがいいこ?

    いたずらビリーは、それはもういたずらな男の子!!
    今までのこのシリーズを見ていても、驚くほどです。
    だけど、なぜかにくめないビリーにはまってます。
    今回もビリーはいろんないたずら?わるさ?をするのですが、
    かいじゅうの学校では、それは素晴らしいこと!!
    なので、ほしワッペンを先生からもらっていくんです。
    初めは、いやがっていた学校も、最後は大好きなところに
    なったみたいですよ(笑)♪
    よかった、よかった!!

    掲載日:2015/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 行けば楽しい幼稚園

    ビリーのシリーズにはまっています。保育園児の息子はとりわけこの巻が好きなようで、ワッペンの数を数えながら、事件を見守っています。

    大人から見ると、これで褒められるの?とびっくりな内容ですが、息子はそういう視点ではなく、保育園に行くときは嫌だけど行くと楽しいという共感や、ワッペンほしいなあというような羨望で見ているようでした(笑)。

    幼稚園、楽しいところだよ、と直接的に描いた絵本よりずっと説得力があると思います。

    掲載日:2011/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幼稚園に行きたくない子供におすすめ

    ビリーは初めて幼稚園にいくことになりますが、イヤで泣いてしまいます。

    幼稚園では、かんしゃくをおこしても、怒ってだだをこねても、「怪獣らしくてすてき!」と星のワッペンをたくさんもらえ、みんなに尊敬されます。

    今度は家に帰りたくなくて泣いてドアにしがみつきます。

    最後のビリーがちょっと可愛くて笑えます。実際はそううまくはいかないけど、絵本だから面白いですね。

    掲載日:2011/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • いいこって?

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子2歳、男の子0歳

    来年から幼稚園に行く息子に読みました
    いい子にしてればほしワッペンがもらえるのですが
    ビリーはいい子にしていたくないし、
    お絵かきも歌もダンスもしたくなく、
    ぐちゃぐちゃ大暴れします
    しかし、かいじゅうの幼稚園ではそんな子が賞賛の嵐!!
    まさに褒めちぎりです。幼稚園にきたくない子への作戦ではなく
    本当にかいじゅう目線ではビリーみたいな子がいい子なのでしょう・・・

    息子が早速気に入ってしまったらしく何度も何度も持ってきます
    やんちゃな息子なので、
    勘違いしないといいなぁと若干不安です・・・

    掲載日:2010/07/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幼稚園に行く前の子に

    • くるりくまさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 女の子8歳、女の子5歳、男の子2歳

    初めて幼稚園に行く日、主人公のビリーは「ようちえんになんか、いきたくないよー。」と大泣きしています。
    それが、幼稚園から帰る時間になると、うちへ帰りたくないと大泣きします。
    なんで、こんなに変わったのでしょうか?ってお話です。

    かいじゅうの幼稚園では、「いい子」の反対が褒められるのです。
    子どもにとって、こんなお話はとても痛快だと思います。
    自分達が普段やったら怒られそうなことを、ビリーがやってのけ、先生が絶賛する・・・聞いていてスカッとするのではないかと思います。

    うちの子供も1回読んでやったら、とても気に入って「これ読んで」ともってくる絵本になりました。

    掲載日:2010/01/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自然と笑顔になる絵本

    • ねがいさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子7歳、男の子3歳

    娘が4歳の頃に大好きだった絵本、
    「世界一わるいかいじゅう」と「いたずらかいじゅうはどこ?」。
    その弟、ビリーの絵本があるなんて知りませんでした。
    しかも、幼稚園に行くぐらいに成長しちゃって!

    何となく、こんな展開かな?と思った通りのストーリーでしたが、
    かいじゅうたちの顔がおもしろい!
    幼稚園に行きたくない、と門にしがみついて泣いてるビリー。
    そのビリーをひきはがそうとひっぱるママとパパ、同じ顔してます(^o^)
    そして、ヘイゼルは…くっついてるだけだし!

    先生もお友だちも、みんな派手でおもしろい顔していて、ニコニコしてて、
    なんだか読んでいて自然と笑顔になる絵本です。
    ☆ワッペンいいなあ。
    我が家でも、元気いっぱいのご褒美にやってみようかな。

    掲載日:2008/09/15

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「いたずらビリーとほしワッペン」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット