だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

いたずらかいじゅうはどこ?」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

いたずらかいじゅうはどこ? 作:パット・ハッチンス
訳:乾 侑美子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1991年05月
ISBN:9784032024401
評価スコア 4.26
評価ランキング 13,893
みんなの声 総数 18
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • いたずらスタンプラリー

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、女の子0歳、

    いたずらをしてはどこかへ消えていくヘイゼルの弟を
    みんなで家じゅう大捜索するお話。

    まるでスタンプラリーのように
    行くとこ行くとこでいたずらをするぼうや。
    そしてそのいたずらが、次の目的地へのヒントとなっていて、
    とても面白い構成です。

    最初のほうは、ページのどこかに隠れていたぼうやを見つけて
    喜んでいた息子。

    3つめのいたずらの辺りから本当に姿を消してしまい、
    こちらもぼうや探しに必死になります。

    ぼうやが何をしても絶賛のおばあさん。
    いたずらを賞賛する前向きなコメントが面白いです!

    最後はかわいいぼうやの寝顔に癒されますが、
    私だったらぼうやのいたずらにかなりキレます(笑)。

    掲載日:2012/05/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • おおらかなおばあちゃんたちに脱帽

    ハッチンスさんの絵本ということで読んでみました。色彩がカラフルで表紙を見て決めたんですが娘は表紙を見るや否や怖い!と言ってあまり読みたがらなかったのですが絶対に内容は怖くないからと言って一緒に読みました。やはり内容は全然怖いものではなくて読み続けていくうちに娘も絵の隅々を見てこんなところにもいたずらが・・・。とか言いながら楽しんでました。でもこんないたずらを子供にされてもいつもおおらかなおばあちゃんとおかあさん。学ぶところがありました。

    掲載日:2008/05/28

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「いたずらかいじゅうはどこ?」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / こんとあき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.26)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット