十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

マルチンとかぼちゃおばけのまほうのたね」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

マルチンとかぼちゃおばけのまほうのたね 作:イングリート・オストヘーン
絵:クリスタ・ ウンツナー
訳:ささき たづこ
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1999年05月
ISBN:9784251009210
評価スコア 4.81
評価ランキング 250
みんなの声 総数 15
「マルチンとかぼちゃおばけのまほうのたね」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 勇気を出して!

    マルチンはいじめられっ子。学校へ行くのがいやでたまりません。

    でも...ある日、きれいな妖精が、まほうの種をくれました。
    この種を投げつけると、相手を、かぼちゃおばけに変えれるというその種。

    その種を手に入れたことで、マルチンは、少しずつ変わっていきます。
    それは、まほうの種を使ったからではありません。
    魔法の種を持っている。いつでも、これを使えるんだ、という思いが、マルチンに、ちょっとだけ勇気を与えてくれる。
    その勇気が、マルチンのまわりの状況をどんどん変えていってくれる。

    最後に必要なのは、やっぱり自分の勇気。
    うちの息子も、とても内気で、なかなか自分の気持ちを外に出せない子です。
    このマルチンのように、私から、「まほうの種」を手渡したい。ちょっとだけ勇気を出して、がんばって。
    マルチンとわが子をちょっと重ねあわせ、応援したいような気持ちで読みました。

    掲載日:2008/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勇気の種

    弱虫なマルチンが、妖精からもらった“まほうのたね”で、
    勇気づけられだんだん強くなっていく・・・。
    お話は「ラチとらいおん」に似てるな〜と思いました。
    また、マルチンはいつでも相手をかぼちゃお化けにかえることが
    できたけれど、相手のことを思いやったのでしょうね、
    それを実行することなく、勇気を振り絞ったことは
    とてもかっこいいことだと思いました。
    誰の心の中にも”勇気の種”はある!
    すべての子どもたちに、勇気を与えてくれるすてきな
    お話しでした。
    ちょうどかぼちゃも出てくるし、ハローウィン前に
    小学校でも読み聞かせしてみたいな〜って思ってます。

    掲載日:2008/09/29

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「マルチンとかぼちゃおばけのまほうのたね」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / いないいないばあ / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / シマリスのしまおくん / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / はじめてのおつかい / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『てのりにんじゃ』山田マチさん 北村裕花さん インタビュー

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.81)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット