貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

おさるのジョージえいがをみる」 1歳のお子さんに読んだ みんなの声

おさるのジョージえいがをみる 原作:M.レイ H.A.レイ
訳:福本 友美子
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1999年10月
ISBN:9784001108941
評価スコア 4.35
評価ランキング 10,946
みんなの声 総数 25
  • この絵本のレビューを書く

1歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • お転婆健在

    ジョージのお転婆は映画館でも健在でした。黄色い帽子のおじさんと映画にでかけたジョージのお転婆を描いた本。ハラハラ、ドキドキな部分もありますが、最後はハッピーエンドで楽しいストーリー。興味津々に何かしでかしてしまうけどでも可愛い、そんな姿が娘と重なって微笑ましかったです。ジョージは皆から愛されるキャラクターなんですね。

    掲載日:2010/03/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 映画館

    好奇心旺盛なしりたがりやのジョージの活躍に期待(?)するようになりました。迷惑をかけるんだけれど、退屈なお客様の為になにかしようと考えるジョージは、すばらしいアイデアの持ち主です。影絵を思いつくジョージには才能があるみたいですが、誰かのために役立ちたいと思うから出来たんだと思いました。そう思う気持ちが強いからだと思います。失敗を恐れずに前向きな気持ちの大切さを教えてもらいました。

    掲載日:2008/10/04

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おさるのジョージえいがをみる」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / ねないこ だれだ / だるまさんが / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / はらぺこあおむし / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



新潮文庫3200万部刊行、星 新一の小説が絵本に!

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.35)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット