モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
しいら☆さん 50代・その他の方

ほっこり!クリスマス2016にお薦め!
ふくざわさんの絵本大好きな方 多いで…

おーくん おんぶ」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

おーくん おんぶ 作・絵:片山健
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\700+税
発行日:2007年03月
ISBN:9784834022568
評価スコア 3.92
評価ランキング 28,559
みんなの声 総数 23
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • だっこもいいけど、おんぶって素敵

    とても短いお話ですが、ちょうど「ひなちゃん」と息子が名付けたお人形をおんぶして出歩くことがブームだったので、とても喜んで聞いてくれました。
    私自身も幼稚園の頃、お気に入りのうさぎのぬいぐるみをおんぶ紐で背中にしょって連れ歩いたなぁ・・・と忘れていた記憶を呼び覚ましてくれました。
    おんぶしたがりの、おーくん!でも最後はやっぱりお約束ですが、おかあさんにおんぶ(*^_^*)。
    子どもがお母さんに、抱っこやおんぶと甘えてくれるのは過ぎてしまえば短い期間なんだろうなぁ。そう思うと少し切なくなります。
    が、うちはまだしばらく、おんぶして〜、だっこして〜の生活が続きそうです。

    掲載日:2014/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • ママ、おんぶ〜

    最近、ぬいぐるみを抱っこしたりおんぶして遊んでいる娘に読みました。
    おーくんはどんどんおんぶしていくので、そういうことをしたことがなかった娘はちょっとビックリしていました。
    一番うれしそうにしていたのは、おーくんがお母さんにおんぶされているところ。
    やはり自分がおんぶするよりも、お母さんにおんぶされる方がうれしいのでしょう。
    「ママ、おんぶ〜」と言ってきました(笑)。

    掲載日:2014/03/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • おんぶがしたい

    何でもやってもらう赤ちゃんを、卒業した頃のお話でしょうか。
    おんぶを、自分も誰かにしてあげたくなったようです。
    ところが、ちょっと頑張りすぎちゃいましたね。
    後ろにひっくり返ってしまいます。

    そうそう、子供ってこんなことするよなーと、思いながら読みました。
    小さい子の何気ない日常の行動が、描かれていると思います。

    掲載日:2012/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • おんぶって気になる

    抱っこはよく見かけるけど
    おんぶってなかなか馴染みがないのか
    人形をおんぶさせると、子供も喜びます。
    後ろが見えないけど存在があるっていうのが
    不思議な感覚かもしれません。
    これを読むと背中にくっついてきて
    おんぶしてって言われます。

    掲載日:2011/04/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • おんぶ大好き

    おーくんがいろんなお人形をおんぶしておっとっと。
    最初はママにおんぶされるのを嫌がったのに、
    ひっくり返っちゃったら今度はママにおんぶ。
    この時期の子がお人形をおんぶしているのはとてもかわいいですね。
    ただ娘はおんぶするのもされるのもイマイチ好きでない子だったので、
    この本にそんなに共感する感じはなかったかも。
    おーくんの表情など、片山健さんらしさが伝わってくる絵本だと思います。

    掲載日:2009/01/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 我が家のおーくん

    • くるしまたろうさん
    • 30代
    • せんせい
    • 千葉県
    • 男の子8歳、男の子5歳、男の子3歳、男の子1歳

    息子たちには,生まれた時にクマのぬいぐるみを買ってやっている。
    そして,母ちゃんにはたくさんおんぶをしてもらっているので,自然とそのぬいぐるみをおんぶひもでおんぶしようとする。

    おんぶの価値は,おんぶをしてもらわないと分からない。

    最近はだっこが増えて,おんぶをしてもらっている子どもを見る機会が減った。

    おんぶのよさを,おーくんは教えてくれる。

    お母ちゃんたちに読んでもらいたい本である。

    掲載日:2008/10/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 旬です!!

    「おーくん」の姿に娘が重なります!!今は何でもおんぶしたがって、まさに「おーくん」と一緒。娘は、ぬいぐるみをたくさん背負ってフラフラしながら歩いてます。そんな娘なので「おーくん」が大好きで1日に何度も読んでいます。片山健さんの絵も独特ですが親子共々大好きな絵本です!!

    掲載日:2008/05/22

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おーくん おんぶ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / いないいないばあ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

みんなの声(23人)

絵本の評価(3.92)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット