あきぞらさんぽ あきぞらさんぽ
作: えがしら みちこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いろんな秋に、会いに行こう!

なにをたべてきたの?」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

なにをたべてきたの? 文:岸田 衿子
絵:長野 博一
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1978年05月
ISBN:9784333003204
評価スコア 4.66
評価ランキング 2,294
みんなの声 総数 223
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

42件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • 子どもにとって

    わが子が小さい時に、一番読んだ絵本です。
    しろぶたくんの食べる果物の美味しそうなこと!レモンは酸っぱいのに…と心配しながらも、食べるたびにキレイな色になるんです。うわーっ、きれいだね、って 目を見張ります。
    石鹸の時は本当にドキドキして心配になります。石鹸なんか食べちゃダメ!って。
    でも食べちゃって、コロコロしちゃって、どうするのぉ…ってハラハラして。
    何度も何度も読みました。幼い子どもの心の動きが分かって、読んでいる私も楽しかったです。
    わが子が大きくなって、最近はおはなし会で本を読む機会があります。幼い子ども達のおはなし会でも定番です。絵がきれいで大きいですし、文章も無駄がなく優しいです。
    小さい子どもたちと共感できるって素晴らしいですね。きっとこれからもずっと読み継がれる絵本だと思います。

    投稿日:2015/11/13

    参考になりました
    感謝
    3
  • 美味しそう!

    表紙の可愛さと、絵本のタイトルから手に取ったのがきっかけでした。
    果物が大好きな娘がぶたさんとリンクしたら楽しいかなー、と思いました。

    開いてみると、シンプルなぶたさんなのに
    カラフルで美味しそうな果物!
    それだけでワクワクして読むことができました。

    娘も果物の名前を言ったり、次に出てくるものを色で当てたり、ぶたさんを可愛がったり、心配したり。
    表情をくるくるかえて楽しんでいます。

    ただ読むだけでなく、絵を見て創造力を働かせたり、親子で会話を膨らませたり、楽しみ方もたくさんある絵本だと思います。

    お友だちのぶたさんたちも、色があるのに、とても綺麗な色になっていくぶたさんとの対比も面白い。
    でも、彼らの豚の種類の表現がちぐはぐ?子供に聞かれて答えるのが少し難しいところです。

    ご飯を食べながら、娘が自分のお腹の色を気にするようになって可愛いです。

    投稿日:2013/09/18

    参考になりました
    感謝
    3
  • 素敵な色使い☆

    この絵本に出てくる動物や、特にブタくんが食べる果物の色が優しく美しいです。ブタくんの表情も豊かで愛らしい。
    動物たちの質問に子供も一緒になって考えて答えたり、ページをめくるたびにワクワクするような楽しいお話になっています。
    石鹸を食べてしまうところは子供たちもびっくりして楽しんでいます。
    シャボン玉もすごくキレイな色で素敵です。

    原色の絵本も良いと思いますが、私はこんな優しい色使いの絵本を読んで心の優しい情緒豊かな子供に育ってほしいなぁと思います。
    大人も楽しめる素敵な絵本だと思います☆

    投稿日:2014/04/02

    参考になりました
    感謝
    2
  • おもしろい!

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子2歳

    娘も私も好きな本です。
    娘が2歳になる前くらいに大好きになりました。当時の娘にとっては少し長めのように思えたのですが、週に3回くらいは読んでいました。いまでも思い出したように時々読んでほしいといいます。子供にとってとても魅力的な本のようです。
    絵も本物みたいで綺麗だし、こどもが興味を持ちやすい‘食べること’‘くだもの’‘ぶたさん’が出てくるのも、興味を持ちやすいポイントかもしれません。せっけんを食べるところもおもしろいようで、「○○ちゃんもせっけん食べる〜」とよく言ってました。
    一番のおもしろさは、りんごを食べるとお腹の中が赤くなる、ぶどうを食べるとお腹の中が紫になる・・・というところでしょうか。
    2歳9ヶ月の娘は自分のうんちを見て、「なに食べたからこの色なのかなぁ」と言います。これはこの本の影響かしら・・・と微笑ましくみています。
    大人も子供も、ぜひ一度読んでみてほしいです!!

    投稿日:2014/04/01

    参考になりました
    感謝
    2
  • ずっと心に残る優しい絵

    子供の頃、毎日母に絵本を読んでもらっていました。
    その中で大人になった今でも頭に浮かぶ、しろぶたくんのあの表情。
    タイトルも忘れてしまっていましたが見つけました。
    子供の絵本を選ぶ時に!
    「あっ!これ!!あった〜!!」
    嬉しくて思わずひとりごと(笑)
    昔母としていたように、今度は娘と
    絵本に描かれた美味しそうなブドウやリンゴやメロンやレモンを
    「パクっパクっ」と食べるふりをしています。

    心に残る優しい絵は娘の心も掴んだようで
    毎日持ってきては「読んで!」とせがんできます。

    親子で大好きな絵本です。

    投稿日:2014/03/27

    参考になりました
    感謝
    2
  • カラフルぶたさん

    • まち子さん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子8歳、女の子5歳

    どんどんカラフルになっていくぶたさん。
    そして次々と出てくる身近で美味しそうなくだもの。
    「りんご!」「レモン!」と大喜びします。
    とつぜんの石鹸にはあわてて「ダメ!ダメ!」
    ぶたさんの姿にビックリしてしまいますよ。
    ドキドキ楽しい冒険を経験してぶたさんは少し成長します。
    うちの子たちもこうやって成長していくのかもしれない。
    夢と希望を感じられる幸せな一冊です。

    投稿日:2014/03/17

    参考になりました
    感謝
    2
  • 色彩の美しさ

    • korさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    子どもの好きな、「繰り返し」の絵本ですが、食べ物の色が美しいこと!!
    しろぶたくんのしろい顔と、食べ物のアップの見開きで、食べ物の色彩のあざやかさがとても印象に残ります。

    そのまま、いろんなものを食べて終わるのかな?と思いきや、石鹸を食べて、ころころ転がり・・・・娘は大爆笑でした。しろぶたくんが転がっている時のお腹のまざった色合いも素敵ですね。最近、お絵かきが大好きな娘は、「色がまざったらどうなるか」を感じられるようになってきたようで、さっそく読み終わった後、「まぜまぜ〜♪」とお絵かきをしていました。

    そして、最後、たくさん食べたらどうなるか?
    そう。大きくなるんですよね。
    小柄な娘にもたくさん食べてもらわないと!

    投稿日:2014/03/10

    参考になりました
    感謝
    2
  • おいしそうに食べるのね〜。

    食べた物の色がどんどん体についていくしろぶたくん。
    とにかくおいしそうに食べるその姿に、親子揃って釘付けでした。

    そして最後に食べたのはなんとせっけん!!!
    大人は「うわぁ」と思いましたが、我が息子、
    せっけんが何なのか良くわかってなかった様子です・・・。
    最初読んだ時はポカンとしていました。

    それもそのはず。
    手洗いはハンドソープ、体あらいはボディーソープの時代ですから。
    我が家にせっけんは置いてありません。

    興味を持った時が教え時!
    あわててせっけんを買いに行きました。

    絵本を見てから逆に学ぶこともあるなぁとしみじみ思った作品です。

    でもおかげで、お風呂タイムもこの絵本も大好きになりました。

    ただ、最後にたくさんのぶたくんがしろぶたくんに、
    「なにとなにをたべてきたの?」と聞いて終わるはずなんですが、

    この質問をされると、息子は必ず最初のページに戻って、
    「りんごでしょ、れもんでしょ、・・・」と長い説明をしてくれます・・・。

    なかなか終われません・・・。

    投稿日:2013/08/20

    参考になりました
    感謝
    2
  • 一緒にあーん

    お腹をすかせたしろぶたくんが、りんご、めろん・・などを食べていきます。すると、お腹の色が食べたものの色に染まってしまう。
    そしてきれいになれると思って食べて石鹸がお腹の中でぷくぷくと。
    最後にはみんなお腹の中からにげていってしまったしろぶたくん。

    食べるのが大好きな娘のために読みました。
    りんごを食べるとお腹が赤くなる、メロンを食べると黄緑になるなど、子供にとってとてもわかりやすい本だなと思います。
    せっけんをおいしそうに食べるしろぶたくんを見て、やっぱり子供と一緒で一度食べてみないとわからないんだな。
    おいしそうな果物を一緒にパクパクしながら、読み聞かせをしています。

    投稿日:2012/06/01

    参考になりました
    感謝
    2
  • せっけんを食べちゃうブタくん

    • みるぴんさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子2歳

    2歳3カ月の息子と一緒に読みました。
    ブタくんが食べるりんごがとても綺麗な赤いリンゴで、本物みたい。
    リンゴ、ブドウと知っている果物に反応するのかな?と思って読むと、
    石けんを食べるところが一番気に入ったようです。
    つい、石けんは食べれないよ、食べちゃだめ。といいながら読んでしまうのですが、そんなこと言う必要ないかなと思ったりもしています。
    食べれない石けんをブタくんが食べるところを面白く感じているのかも知れないし、石けん食べてプクプクプク〜となるところが面白いのかも?
    最初のページと最後のページのブタくんを比べてみるのも楽しいです。

    投稿日:2012/02/15

    参考になりました
    感謝
    2

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「なにをたべてきたの?」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / おつきさまこんばんは / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / おおきなかぶ / うずらちゃんのかくれんぼ / ぐりとぐら / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • よるのねこ
    よるのねこ
    作・絵:ダーロフ・イプカー 訳:光吉 夏弥 出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
    じゃあ、よるは? ねこのよるってどんなかな?


翻訳者 中井はるのさん、編集者 三輪ほう子さん インタビュー!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット