マスク マスク
作: 福井 智 絵: 林 なつこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
自分じゃ気がつけない、すてきなところ【絵本テキスト大賞受賞作】

なにをたべてきたの?」 12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声

なにをたべてきたの? 文:岸田 衿子
絵:長野 博一
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1978年05月
ISBN:9784333003204
評価スコア 4.66
評価ランキング 2,258
みんなの声 総数 223
  • この絵本のレビューを書く

12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ずっとキレイな色なわけは……。

    ぶたが大好きなので、可愛くてキレイな表紙を見たとき、すぐに手にとりました。
    ラムネみたいに、まんまるのキレイなマルです。

    登場するぶたも、1匹1匹柄が違います。
    ぶた好きには、そこがまたたまりません。
    ぶたの数が少ないのも、1匹ずつが強調されていて、小さいお子さんもわかりやすそうです。

    ぶたといえば、食いしん坊なイメージがありますが、やはりそうなんですね。
    しろぶたくんは、見つけたものは何でも食べてしまいます。
    それが石鹸であったとしても……。
    石鹸食べると、透き通って透明になるのかな、と思いましたが違いました。
    でも、透明ではなくても、カラフルでキレイな色でした。
    色々な色が混ざっても、キレイな色同士なら汚い色にはならないんですね。
    それは人間の心と一緒なのかな。
    キレイな心を持っている人だけが集まれば、そこは平和で優しくなる。
    でも、1人でも心が汚い人がいたら、その場は台無しになります。
    そういう人間の難しい世界を、さりげなく「ぶた」で表現しているんだと思いました。

    掲載日:2014/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 虹色しゃぼんだまがステキ

    • なみきさん
    • 50代
    • せんせい
    • 大阪府
    • 女の子17歳、女の子14歳、男の子13歳、

    真っ白なブタ君が食べ物の美しい色にかわいく染まっていく。
    そこまでは、ふーん、きれいだねえ・・・と見ていたけれど、そのあとの展開が、とっても楽しい! 石鹸を食べてしまって、おなかの中で色が混じり、それがシャボン玉になって出て行くなんて、なんてステキな発想だろう。
    絵もシンプルで分かりやすく、どのブタもかわいい。
    15才の娘と「おもしろーい」と、読み終わったあと、ニコニコ顔になれた。もっと、小さな子どもたちにも、ぜひ読んであげたい一冊だ。

    掲載日:2012/11/01

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「なにをたべてきたの?」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / 三びきのやぎのがらがらどん / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / おおきなかぶ / うずらちゃんのかくれんぼ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『まるさんかくぞう』『いっこさんこ』 <br>及川賢治さん(100%ORANGE)

全ページためしよみ
年齢別絵本セット