庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

まほうつかいのでし」 8歳のお子さんに読んだ みんなの声

まほうつかいのでし 作:上田 真而子
絵:斎藤 隆夫
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1995年08月20日
ISBN:9784834013313
評価スコア 4.2
評価ランキング 15,705
みんなの声 総数 19
「まほうつかいのでし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

8歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • リズム感のある絵本

    『まほうつかいのでし』はゲーテの詩が基になっているというお話。
    いろいろな絵本があるけれど、不思議と取り上げ方がそれぞれに違う。
    魔法使いの弟子が、魔法使いの留守の間に、覚えた呪文を使ってみるのだが、呪文の解き方が判らない。
    帰ってきた魔法使いが魔法を解くのだが、魔法使いの弟子に対する態度が違う。
    弟子の、魔法使いに対する気持ちもいろいろである。
    この本はというと、魔法使いが帰ってきてめでたしめでたし。その後の話はない。
    魔法使いが出かけるところも出てこない。
    他の『まほうつかいのでし』に対して少し物足りなさを感じた。
    絵もあまりピンとこない(失礼!)。
    けれどこの本の面白さは文のリズム感。
    子どもたちはリズム感のある文が好きである。
    五七調で整えられた文章。
    このリズム感は軽快である。
    小さな子に読むのに適した本かと思う。

    掲載日:2010/05/30

    参考になりました
    感謝
    1

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「まほうつかいのでし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / はじめてのおつかい / からすのパンやさん / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.2)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット