ちびっこ魔女の大パーティ ちびっこ魔女の大パーティ
作: ジョージー・アダムス 絵: エミリー・ボラム 訳: おかだよしえ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
ちびっこ魔女3人組みは魔法の森に住んでいる。ハロウィーン・パーティをすることにした3人は、招待状を出し、おそうじをし、料理も準備して、でも…?

ばあちゃんのおなか」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

ばあちゃんのおなか 作:かさい まり
絵:よしながこうたく
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2010年07月
ISBN:9784774611761
評価スコア 4.21
評価ランキング 16,493
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • もうちょっとインパクトがほしい

    • AAさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子9歳、女の子6歳

    まさしく「たのしくて おもしろくて じぃーんとくる!!」という帯の通りの内容です。
    元気で明るいおばあちゃんとの思い出が語られている本です。海水浴での途中のシーンでは壮大な妄想が始まるのですが、そこの部分が良くもありちょっと分かりにくいかなあと思います。

    この絵本自体はいいのですが、よしながこうたくさんの絵だから全体的にもっとインパクトのあるものを期待していた分、少し残念でした。

    掲載日:2011/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぽんぽこぽん

    • わにぼうさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子7歳、男の子3歳

    表紙のばあちゃんの絵が気になっていて、
    立ち読みしたいのをガマンして図書館で借りてきました。

    そして、中身を確認せずに寝る前の読み聞かせに。

    どーん!という感じの豪快なばあちゃんと
    大きなぽんぽこりんのおなか。
    ばあちゃんに連れられて海へ行った、泳げないこうたくん。

    一緒に海に浮かんでいたら・・・ばあちゃんのおなかは島になり
    くじらになり。ぽんぽこりんのおなかの上で寝てしまっていました。

    ここまでは、「ばあちゃんとの楽しい時間」
    兄ちゃんも次男もぽんぽこり〜ん♪って笑っていました。

    しかし、夏の終わりにばあちゃんが病気になってしまい、
    季節が過ぎるごとに、どんどん弱っていって、
    小さな声で「ぽんぽこりん」って言うほどになってしまいました。

    う、う〜ん。まさか死んじゃうお話だったとは。

    こどもたちには響かなかったけれど、
    最後の「ばあちゃん、ぼくもうすぐ1ねんせいだよ」は
    ぐぐ〜っときました。

    いい、お話でした。でも、その日から兄ちゃんが
    私の出っ腹を「ポンポン」するようになってしまいました。

    私はばあちゃんほど「優しく」ないので、
    さわらないでよ!って怒っていますけどね(笑)

    掲載日:2010/10/12

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ばあちゃんのおなか」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / おこだでませんように / いいから いいから3 / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



可愛いプリンちゃんのお話4作目は、お父さんとおでかけ♪

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.21)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット