ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

バーバパパのはこぶね」 大人が読んだ みんなの声

バーバパパのはこぶね 作:アネット・チゾン タラス・テイラー
絵:アネット・チゾン タラス・テイラー
訳:山下 明生
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1975年11月
ISBN:9784061287631
評価スコア 4.46
評価ランキング 7,272
みんなの声 総数 66
「バーバパパのはこぶね」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 考えさせられます

    バーバパパシリーズ♪
    かわいいおばけ一家のゆかいなお話かと思いきや、バーバパパ一家は病気の動物病院達に出逢います。
    なぜ病気かとゆうと、それは人間の出すガスや汚水に廃棄物…
    カラフルで色鮮やか、個性的でかわいいキャラクター達が描かれているだけではなく、社会問題もさりげなく描かれていて考えさせられます。
    少し大きくなった子どもたちにぜひ読んであげたい1冊です。

    掲載日:2015/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • バーバパパのはこぶね、どんなお話かな?と読んでみると…
    今回も環境汚染がテーマになっていて深いです!
    人間たちが汚した川や海で悲しんでいる動物たちがいる、
    毛皮にするためにハンターたちが動物を狙っている
    子供たちは今まで知らなかったけれど、実は私たち人間がしていることって…??
    と、子供たち自身が、それってあかんことしてるやん!と大きな衝撃を受け、
    じゃあこれからどうしたら良いのかな?と問いかけの絵本です。
    そして、問いかけと同時に、みんなが暮らしている地球は、人間だけのものじゃないということ
    自分たちの土地を大切に、守っていくのも自分たちなんだということを
    しっかりと子供たちに考えてもらえる絵本だと思います。
    この絵本を読んで、沢山の緑に囲まれて、皆が、穏やかで気持ちの良い素敵な日々を
    これからも何十年もずっと先も過ごせますようにと願うばかりです。

    掲載日:2015/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 環境問題に触れている

    バーバパパ一家は、とても幸せに暮らしていました。
    ところが、病気になった動物たちがやってきたのです。バーバパパ一家は、みんなで、避難所を作って助けてあげました。それでも、地球はどんどん汚れてきます。そこで、大きなロケット型箱舟を作って、地球の外まで避難です。なかなか、活動的なバーバパパ一家です。家族みんなとおともだちと一緒に、水辺でのんびりしているところは、とても大好きな一場面です。

    掲載日:2015/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもたちに知ってほしい

    とても考えさせられる内容でした。

    地球から動物も植物もいなくなってしまったら…
    人間だけが取り残された地球は、寂しくて怖くて、胸がズキズキ痛みました。

    きっと多くの人は自然を愛しているし、動物と仲良く暮らしていきたいと思っているはず。
    でも環境問題や動物愛護については、知っていても見て見ぬふりをし、その結果自分たちが見捨てられてしまう事になる…。

    少し重いテーマですがバーバパパというキャラクターがこれだけ愛されているので、小さな子にも安心して読み聞かせできると思います。

    内容がよく分からなくても、本を開いて絵を見て欲しい一冊だと思いました。

    掲載日:2015/08/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 環境問題に迫る

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子21歳、男の子19歳

    『バーバパパのいえさがし』でも、人間の環境開発について問題提起をした風でしたが、
    これはまさしく環境問題を鋭く示唆した作品となっています。
    原作の初版が1971年ですから、ちょうど公害問題などが世界的にも問題視された頃でしょうか。
    自然の中でのびのびとピクニックのバーバパパ一家。
    ところが、バーバパパ一家が目にしたのは、
    公害や猟などによる、動物たちの危機!
    ええ、もちろん、バーバパパ一家は、動物たちの味方ですよ。
    でもね、それでも地球規模の環境汚染はどうしようもないので、
    箱舟ロケット計画で、一家と動物たちは地球外に避難、と、壮大なストーリーです。
    もちろん、人間もちゃんとその愚かさに気づくのですね。
    おお、なんて素敵な展開。
    環境問題について、子どもたちにも考えてもらうきっかけになりそうですね。

    掲載日:2015/08/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 壮大なストーリー

    きっと、作者のチゾンさんとテイラーさんは、とても環境問題を危惧されていたのでしょう。勉強不足で想像でしかないのですが、バーバパパシリーズには、そう感じさせる本がとても多いです。

    今回も都市化や人間のエゴによって住むところを追われた動物たちを、バーバパパたちが、あの手この手で守ります。

    いつもの団結力で、とってもがんばるのですが、限界が。。。

    そして、とうとう地球をすてて、「はこぶね」にのりこみ、宇宙の別の星へと移住してしまいます。

    この絵本では、人間たちが反省をして、綺麗な地球を取り戻したために、バーバパパたちが帰ってきてくれますが、現実はどうでしょうか?

    私が生まれるよりも前に描かれた、この絵本の、どんどん環境が悪化していくところで止まってしまっているようです。

    なかなか一筋縄ではいかない問題ですが、みんなで知恵をしぼって地球を守っていかなければなりません。バーバパパたちがいない地球は寂しいです。

    掲載日:2015/08/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • きっかけ

    バーバパパのイメージで絵本をてにとると、びっくりするかもしれません。
    自然を汚染し、私欲のために、動物の命を奪う、自分勝手な人間。
    バーバパパや動物たちは、人間をみすてて、他の星にうつってしまうのです。
    取り残され、人間だけになった地球。胸がいたくなります。
    ストレートで、強いメッセージを描いた巻だけに、好き嫌いもあるかもしれませんが、子どもたちと一緒に、自分たちの地球、環境を考えるきっかけになる絵本だと思いました。

    掲載日:2015/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  •  しっかりとテーマがある絵本です。環境破壊への警鐘を鳴らしています。

     「カラフルで楽しいオバケの絵本を読んで愉快な気持になること」だけを期待してこの絵本を手にとった人には、ちょっと違和感があるかもしれません。でも、作者にとって、どうしても言いたい大切なテーマなんだな、ということが伝わってきました。

     ストーリーの展開に無理はなく、納得して読み進められます。汚れを濾過して、きれいな水を作る機械や、みんなで地球をきれいにしている様子には、希望を感じました。バーバパパ一家が帰ってきてくれて本当に良かったな!

     小さい子どもさんと一緒に、環境問題、自然保護について考えたい時におすすめの一冊です。

    掲載日:2015/07/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • のみの爆弾

    • みいのさん
    • 50代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子18歳、女の子13歳

    「いえさがし」でブルドーザーが登場したとき、問題提起してるのかな?と思いましたが、この「はこぶね」を読んでバーバパパえほんは社会派だと実感しました。
    小さい子どもにとっても、環境問題を考えるきっかけにはなりそうです。
    印象的だったのは、にくらしいハンターをのみの爆弾で攻撃する場面です。
    現実には難しいでしょうが、面白いアイデアだと思いました。

    掲載日:2015/07/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 環境問題がわかり易い

    • ポン太さん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子2歳、女の子0歳

    図書館で借りて読んでみました。

    人間のせいで地球の空気や水がよごれて、動物たちが苦しんでいます。バーバパパ一家は動物たちを助けるため、ロケットの箱船をつくって宇宙へ。

    環境問題について子供にもわかり易く描かれていると思います。
    息子がもう少し大きくなったら、読んであげたいです。

    掲載日:2015/07/25

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「バーバパパのはこぶね」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / どうぞのいす / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / からすのパンやさん / こんとあき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(66人)

絵本の評価(4.46)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット