おにたのぼうし おにたのぼうし
作: あまん きみこ 絵: 岩崎 ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
節分の夜、豆まきの音がしない一けん家にとびこんだおにのおにたは、病気の母を看護する少女に出会います。
miki222さん 30代・ママ

鬼にも色々あるのに
節分の日に鬼がやって来ると聞いて怖がっ…

ぎったん ばっこん」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

ぎったん ばっこん 作:なかえ よしを
絵:上野 紀子
出版社:文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!
本体価格:\600+税
発行日:1977年12月01日
ISBN:9784579400232
評価スコア 4.34
評価ランキング 10,280
みんなの声 総数 34
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 楽しいシーソー遊び

    シーソー遊びで下がるのは重い方。
    いろんな動物が出てきて、ぎったんばっこん。
    でもぞうさんの重さにfはかないませんでしたね。
    シンプルですが、味わいのある絵本です。
    子どもの好きな遊具だからこそでしょうか。
    期待感と想像の世界です。

    掲載日:2016/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • シーソー遊び

    「ぎったん」「ばっこん」と、お友達と遊ぶシーソー遊びを読んでいる

    だけでも楽しそうで嬉しい孫です。

    最近はやってないですが、園にもシーソーがあって体を紐で縛りつけて

    シーソー遊びをやったのがつい最近のような気がして懐かしいです。

    今では、紐で体も縛らずに遊べれるので早速やりたいと思いました。

    やっぱり、相手がいる遊びっていいなあって思いました。

    次々とやってくるお友達が画かれているので、お友達と遊ぶのがなによ

    り大好きな孫には、とても羨ましく映ったようです。

    ほのぼのとして絵も可愛いしお薦めの絵本です。

    掲載日:2012/04/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分でもぎったん ばっこん

    ねずみくんシリーズでお馴染のお2人の作品。やっぱり、可愛いお話と絵が大好きです。
    この絵本は、動物達がシーソーをするお話です。
    とりさん・ねずみくん・うさぎさん・・・とどんどん集まってきて「ぎったん ばっこん」。
    娘は、シーソーが大好きなので、「ぎったん ばっこん」と一緒に絵本も傾けて読んだら、大喜びで自分でもやっていました。

    掲載日:2012/04/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さい子でも楽しめる

    ねずみくんシリーズでおなじみの二人が描く、シーソーの絵本です。
    もちろん、ネズミも登場します。

    まずは鳥が一匹「ぎー」。
    次にネズミが「ばーこ」。
    順々にいろいろな動物たちが登場し、ぎったんばっこん。
    楽しく遊んでいたら、なぜだかみんな困った顔。
    さて、なぜでしょう?

    息子は次々に現れる動物のあてっこ、次はどっちに傾くのかな?なんて考えながら読んでいました。
    そして最後のページの絵が大好き。
    動物たちの笑顔がとてもステキなんですよ!

    掲載日:2008/06/05

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぎったん ばっこん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / いないいないばあ / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • だれのあしあと
    だれのあしあとの試し読みができます!
    だれのあしあと
    作・絵:accototo ふくだとしお+あきこ 出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
    雪のうえのあしあと、だれのかな? 冬のあてっこ遊び絵本


『ハリー・ポッターと呪いの子』 翻訳者 松岡佑子さんインタビュー

みんなの声(34人)

絵本の評価(4.34)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット