ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

どうぶつのおかあさん」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

どうぶつのおかあさん 作:小森 厚
絵:藪内 正幸
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1981年10月
ISBN:9784834008517
評価スコア 4.57
評価ランキング 3,973
みんなの声 総数 100
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • リアル

    とてもリアルな動物画にびっくりです。本物みたいに描かれているので写真絵本かなあと思ってしまいました。孫は、動物は、「わんわ」に見えるくらい名前を知りません。このリアルな絵で名前を少しでも覚えてくれたらなあって期待してしまう私でした。動物たちがこどもをどのように運ぶのか私が学べました。やっぱりチンパンジーのようにこどもを抱いて運ぶのが親近感が持てました。自分の子供を守るおかあさんの姿が頼もしかったです。

    掲載日:2010/10/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • 母と子

    • しのべさん
    • 30代
    • ママ
    • 茨城県
    • 女の子1歳

    色んな動物の母と子の姿。
    え!?こんなところくわえちゃうの??って動物もいたりして、面白いです。
    絵がリアルなのに,目が優しいのは母だから?
    動物園は怖いけど動物好きの娘によかったですよ。

    掲載日:2012/03/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供の個性

    いろいろなところで評価が高いこの絵本。なぜか我が家の子供達は興味を示さない。残念。

    この絵本をきっかけに、気に入るかどうか確かめてから購入するようになりました。

    子供にも、個性ってやっぱりあるんですね。

    掲載日:2011/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色んな母と子の姿

    • ももうさ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子3歳、女の子1歳

    題名は“おかあさん”ですが、内容は“おかあさんとこども”。
    動物のお母さんが、子どもをどんな風に連れて歩くかの絵本です。

    優しく抱っこしたり、大胆に頭をガブッとくわえたり、
    歩きなさいよ〜と言わんばかりにお尻を押したり、
    それぞれの甲斐甲斐しい姿と、“親子”ではなく“おかあさん”という表現が、
    幸せそうで何だか微笑ましく感じました。

    動物大好き・動物園大好きな娘も喜んでくれました^^

    掲載日:2011/08/11

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「どうぶつのおかあさん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / ぐりとぐら / うんこ! / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(100人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット