十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

はがぬけたらどうするの?」 大人が読んだ みんなの声

はがぬけたらどうするの? 作:セルビー・ビーラー
絵:ブライアン・カラス
訳:こだま ともこ
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1999年
ISBN:9784577019870
評価スコア 4.59
評価ランキング 3,857
みんなの声 総数 16
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 歯が抜ける

    面白いですよ。
    「歯がぬけたら どうする?」という一つの習慣にたいして、世界中からの答えがあるのですから。
    初めて知ることばかりでした。
    欧米での「お金がおいてある」という言い伝えには驚きました。
    やっぱり、パパ・ママが用意しているのでしょうか。
    先住民だと、さらに独特の風習が見られて面白かったです。
    「歯」から、世界が見られました。

    掲載日:2012/04/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「歯の妖精」って知ってますか?

    • 夏漣さん
    • 40代
    • その他の方
    • 福岡県

    「歯、むし歯の絵本」特集にピックアップされてなくて悔しい(?!)のでこちらへ書いてみます。

    タイトルどおり、”はがぬけたとき、世界のみんなはどうするの?”ということがよくわかる絵本です。

    今のおかあさんたちが小さい頃は、歯が抜けたら屋根に放り投げたり、縁の下に投げたりしませんでしたか?
    世界には、いろいろな別の風習があるのです。
    「歯の妖精」のことなんて、全然知りませんでした。
    きっとこの本を読まなかったら死ぬまで知らなかったと思います。
    タクシーの運転手さんにまで話を聞いてくれたりした作者の方のお陰です。きっと表に見えている以上の細やかな調査研究の結晶です。

    大人が読んでも、文化人類学的(?)にとても興味深い本です。
    が、そんなことはさておき、純粋にとても楽しめる絵本です。
    歯が抜け始めたお子さんと(もちろんはえかわってからでも!)、是非一緒に楽しんでください。

    掲載日:2011/07/10

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「はがぬけたらどうするの?」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / まっててね / もちろん返事をまってます

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • わすれもの
    わすれもの
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ぼく、ここでまってなきゃ。 切なくてあたたかい、ちいさな「わすれもの」の気持ち。
  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


やんちゃなデイビッドはママにおこられてばかり!でもね…

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.59)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット