だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

わゴムは どのくらい のびるかしら?」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

わゴムは どのくらい のびるかしら? 作:マイク・サーラー
絵:ジェリー・ジョイナー
訳:きしだ えりこ
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2000年07月
ISBN:9784593504022
評価スコア 4.59
評価ランキング 3,672
みんなの声 総数 105
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • どきどきします

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子1歳

    男の子が、輪ゴムがどれだけ伸びるか調べるために、輪ゴムをひっぱり続けるお話しです。伸びて伸びて伸びて・・・ついに宇宙まで!夢膨らみます。いつ切れるの?!とドキドキしながら読めるし、次はどこまで伸ばすのかと想像力もかきたてられます。
    大型本も出ているみたいだし、読み聞かせにもぴったりだと思います。

    掲載日:2016/09/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • ワクワク!

    息子と2人、とっても面白くてケラケラ笑いながら読みました。
    輪ゴムはどこまで伸びるのか、試したことがある息子は、
    ありえへんー!
    と言いつつも、絵本とともに夢を見ていたようです。
    最初から最後まで楽しいです。

    掲載日:2015/05/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さい絵本なのに

    比較的小さいサイズなのに、おはなしは果てしなく広がって宇宙にまで到達してしまうスケールの大きい絵本です。
    輪ゴムがどのくらいのびるか試したくなった男の子が、輪ゴムの端をベッドの枠に引っ掛けて、部屋から外へ引っ張っていきます。自転車に乗ってドンドン進み
    、海も越え、砂漠も越えて、とうとう月にまで到達してしまうのです。
    大人もドキドキしながら読めました。シンプルなので読み聞かせにもピッタリだと思います。

    掲載日:2014/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 好奇心旺盛な子におススメ!

    • ミモザさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳

    なんだかとってもスケールの大きいお話。

    輪ゴムはどこまで伸びるかな?って、好奇心旺盛な子供は疑問に思うでしょうね。
    男の子のほうがこういうことに興味を持ちやすいのかも。
    我が家の娘は、最後まで読んでも「ふーん」という感じで、ちょっと拍子抜け・・・。

    娘と一緒に実際に輪ゴムを引っ張る実験をしてみれば良かったかもしれません。
    大人のほうが、この伸び具合にハラハラしました。

    もう少し大きくなったらまた読んでみたいです。

    掲載日:2013/08/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • もうちょっと早く出会いたかった・・・

    わゴムがどこまでのびるのか?その疑問を実験してしまうなんて、
    さすが男の子!って感じがします。
    どんどんエスカレートする実験にドキドキしてしまいます。

    ただ、5歳の息子には、もうちょっと早く読んであげたほうが面白かっただろうと感じました。
    輪ゴムってそんなにのびないけど・・・
    そんな冷めた視線を感じつつ、勢いで読みすすめたら、楽しんではくれました。
    が、もうちょっと小さい頃ならゲラゲラ笑ってくれただろうな〜、と感じました。

    やはり、3〜4歳くらいがベストなように思いました。

    掲載日:2012/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供の素直さがわかる

    タイトルからこの本はどんな内容なのか親子で気になりました。

    読んでみると、どの子供でもやりそうな輪ゴムがどのくらいのびるか試してみるお話なのだけど・・・始めからその伸び方が非現実的!!だからこそどこまで行ってしまうのか、ページをめくる度に私はワクワク・息子はドキドキ感からか「(もう切れるだろうと)バーン!」と繰り返し言っていました。

    最後はボーンとはねて、ぼうやはベッドに着陸するのだけれど、私はやっぱり夢だったかと現実的に捉えてしまいましたが、息子は「すごい所まで伸びたね。」とぼうやが本当に輪ゴムを伸ばして遠くまで行ったと読んだようです。

    子供の素直な気持ちを感じとれた本でした。

    掲載日:2012/02/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 伸びすぎ!!笑

    • 10月さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳

    題名からもう、何だか面白そう・・!と期待させますね♪
    いやーこの輪ゴムがもう伸びるのなんのって・・!笑
    どこまで行っちゃうんだろーって果てしなく、こちらの気持ちまで
    飛んでゆきます。
    壮大だなぁ・・・・。

    横で聞いてた夫は、途中で「地球一周しちゃうオチじゃない?」
    と行ってたのですが、まさか宇宙に行ってしまうとは・・・と、
    さらにすごい展開にウケてました。
    息子もケラケラ。とくに輪ゴムがボーンとはじけるところが楽しかったみたい。

    読み終わって暫くしてから息子がポツリ。
    「宇宙のその先はどうなってるの?」うーん、難しい質問!
    どうやら気持ちは輪ゴムのように戻らず、宇宙の果てに置いてきちゃった様子。
    シンプルに面白い絵本でした。

    掲載日:2010/06/15

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「わゴムは どのくらい のびるかしら?」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

どうぞのいす / 壺の中 / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ともだちや / いないいないばあ / ぐりとぐら / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



子どもたちの英語学習や読み聞かせに最適

全ページためしよみ
年齢別絵本セット