貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

わゴムは どのくらい のびるかしら?」 12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声

わゴムは どのくらい のびるかしら? 作:マイク・サーラー
絵:ジェリー・ジョイナー
訳:きしだ えりこ
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2000年07月
ISBN:9784593504022
評価スコア 4.59
評価ランキング 3,900
みんなの声 総数 105
  • この絵本のレビューを書く

12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 題名につられて

    • たれ耳ウサギさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 女の子17歳、女の子15歳、女の子13歳

    どのくらいのびるって、どこまでものびるものなの?
    自転車、バス、汽車に乗り継いで引っ張り続け、とうとうロケットで宇宙まで!!!

    すごく挿絵がいいですね。前半部分はふんわりした印象なのですが、景色が加わってくる頃から緻密な絵に変わります。
    同じ本の中でこんなに絵のタッチが違う本って見たことないです。

    子供は単純にどこまでのびるんだろうって、どきどきするのでしょうね。が、私はのびたゴムにみんな引っかからないのだろか、と現実的な心配してしまいました。

    子供心をくすぐる楽しい一冊になると思います。
    是非、読み聞かせで試してみたいです。

    掲載日:2008/07/26

    参考になりました
    感謝
    1

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「わゴムは どのくらい のびるかしら?」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

どうぞのいす / 壺の中 / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ともだちや / いないいないばあ / ぐりとぐら / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


tupera tuperaのさんかく・まる・しかくなクリスマス

全ページためしよみ
年齢別絵本セット