貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

てんのくぎをうちにいったはりっこ」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

てんのくぎをうちにいったはりっこ 作:かんざわ としこ
絵:ほりうち せいいち
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2003年03月20日
ISBN:9784834019360
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,260
みんなの声 総数 22
「てんのくぎをうちにいったはりっこ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 冒険物語

    4歳娘と6歳息子に読み聞かせしました。

    小さなはりねずみが世界の危機を救う為、勇気を
    出して、天のてっぺんにある釘を打ちにいく物語。

    冒険物語として楽しめました。

    釘をハンマーで打つ時には、子供達も
    一緒に打っている気分で
    読むことが出来ました。

    掲載日:2012/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 天地創造の世界

     大好きな堀内さんの絵と神沢さんの文。お話にも絵にも壮大なスケールがあり、目の前に大宇宙が広がっていくようです。この小さな小さなはりねずみのはりっこが、神のような大仕事を成し得るなんて。天地創造の世界ですね。
     子どもたちにも、勇気と無限の可能性を与えてくれるすばらしい作品だと思います。

    掲載日:2009/12/16

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「てんのくぎをうちにいったはりっこ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / こんとあき / どうぞのいす / うんちっち / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / おばけのバーバパパ / ぐりとぐらのかいすいよく

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お子さんと一緒にお鼻のしくみを考えてみませんか?

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット