貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

すてきなあまやどり」 8歳のお子さんに読んだ みんなの声

すてきなあまやどり 作・絵:バレリー・ゴルバチョフ
訳:なかがわ ちひろ
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2003年5月
ISBN:9784198616892
評価スコア 4.74
評価ランキング 875
みんなの声 総数 57
  • この絵本のレビューを書く

8歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • テンポよく読めました

    • みいのさん
    • 50代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子19歳、女の子14歳

    梅雨時の読み聞かせにふさわしい絵本ということで、まずは下読みをしてみました。
    ゾウのような大きな動物の単位は、1匹でなくて、1頭なんだけど…と思いつつも、文字通り素敵なお話なので、特別支援学級の教室で読む絵本に決定。
    実際に声を出して読んでみると、登場するすべての動物の単位を匹に統一することで、テンポよく読めることに気が付きました。
    次々にたくさんの動物が出てくるので、子どもたちは、「次は何?」と期待しながら集中して聞いていました。

    掲載日:2016/08/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • わくわくが加速していきます

    • どら母さん
    • 50代
    • その他の方
    • 大阪府

     小学校のお話会で読みました。ぶた君がびしょぬれでかえってきて、やぎさんに「あまやどりをしなかったの?」と聞かれて、「したよ」と答える。では、なぜぬれたのか?あまやどりの木の下に、次々と動物がやってくる。最初はちいさなねずみが一匹、次ははりねずみが二匹、次はバッファローが三匹・・・、動物が増える度に、大きな動物になっていき、最後はぞうが十匹、やってくる。
     では、入りきれなくてぬれたのかというと、そうではなくて、みんな一緒にあまやどりしたのが、すてきだったので、水たまりもきにしないで、ばしゃばしゃ帰ってきたんだ、という話。
     ぶた君の話すイメージが画面にひろがる下の場面で、やさしく話を聞きながら、ぬれたぶた君の着替えを手伝い、温かいお茶をいれ、いっしょに飲んで、いっしょにお皿を洗い、ソファで膝枕をしてあげるまで、絵が描きこまれているのが楽しい。
     お話会では、じっくり見せてあげられなかったので、一人一人が手にとって、楽しんでほしいとおもった。

    掲載日:2009/11/18

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「すてきなあまやどり」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / どうぞのいす / キャベツくん / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ぞうのエルマー
    ぞうのエルマー
    作・絵:デビッド・マッキー 訳:きたむら さとし 出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    5月26日は、エルマーの日。まるで体がパッチワークみたいにカラフルな、ぞうのエルマーが活躍します。


お母さんたちに大人気!心が軽くなる「気付き」の絵本

みんなの声(57人)

絵本の評価(4.74)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット