だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ネンネコごろごろ」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

ネンネコごろごろ 作:梅田 俊作 梅田 佳子
絵:梅田 俊作 梅田 佳子
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2003年05月
ISBN:9784591077047
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,478
みんなの声 総数 11
「ネンネコごろごろ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ネンネコ

    「ネンネコ ごろごろ」子守歌の絵本かと思って図書館から借りてきま

    した。「ねんねこ ごろごろ、ねんねこ ごろごろ」私には、やっぱり

    子守唄に聞こえます。

    春の風や、夏の潮風、秋のはっぱがネコくんを原っぱへ、海へ、森へと

    誘います。その優しい語りかけにいそいそとお出かけするのですが、楽

    しめないネコくんでした。なんだか、つまらなくしているネコくんが

    可哀そうでした。

    冬のネコくんは、ちっとも退屈なネコくんでなくなって、うさぎさんと

    一緒に遊んで楽しんでいました。

    きっとお友達が出来て楽しさがわかったからだと思います。

    一人ぼっちで、寝てばかりいないで、お友達を捜して楽しみを見つけれ

    ば人生をもっともっと楽しめると思いました。

    身体を思いっきり動かすって喜びがいっぱい感じられると思いました。

    ネコくんに教えてもらった絵本でした。

    掲載日:2010/06/24

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ネンネコごろごろ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / はじめてのおつかい / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット