おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

ぶたばあちゃん」 9歳のお子さんに読んだ みんなの声

ぶたばあちゃん 作:マーガレット・ワイルド
絵:ロン・ブルックス
訳:今村 葦子
出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1995年
ISBN:9784751514450
評価スコア 4.46
評価ランキング 7,306
みんなの声 総数 25
「ぶたばあちゃん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

9歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 死ぬということ

    自分の命の終わりを感じたぶたのおばあちゃんとその孫娘の物語。

    娘を持ってから、幾度となく自分が死ぬことをイメージしてみましたが
    自分が永くないとわかったとき
    このおばあちゃんのように潔く身辺整理をできるか・・・。
    私にはできないと思いました。
    最後の最後に孫娘と抱き合って眠るシーンは
    全てを悟っている孫娘の気持ちを考えると、苦しくなります。
    でも、最後のページで
    思い出の東屋に一人たたずむ孫娘の
    すがすがしいような姿を見ると
    死ぬというこうことは
    死に行く自分でなく
    残されるものの気持ちが優先されるべきなのではないかと感じました。
    きっと孫は、おばあちゃんに教わった全てのことを糧にして
    成長していくのでしょうね・・。

    掲載日:2014/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 安らかな日

    孫娘と二人で暮らしていたぶたばあちゃんは、
    このごろちょっと調子がよくありません。
    ある日、回復していないのにぶたばあちゃんは、
    起きてきてほんのちょっとだけご飯を食べると、いいます。
    「さて、きょうはいそがしくなるよ。」
    自分の死を悟って、銀行の口座を閉じ、すべての支払いをすませ、
    「目のごちそうをしよう」といってこの世の見納めに、
    雨や緑・風を楽しみ静かで安らかな時間を過ごすのです。
    そうしてぶたばあちゃんは・・・。
    悲しいけれど、生命の最期には、こうした静かで安らぎのある時間を
    過ごしながら迎えたい。誰もが感じる
    素敵な一生の終わりの日のことや
    それを看取る周りの人々への優しさを丁寧に描いて
    やさしくつづっています。
    表紙やタイトルからはとうていそうぞうの付かないお話しに
    驚きながらも、感動しました。
    一緒に読んでた娘も、「悲しいけれどとても充実した
    日々を過ごすことのできたぶたばあちゃんは、今も幸せに
    過ごしてると思うよ」と話してました。

    掲載日:2008/10/14

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぶたばあちゃん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はじめてのおつかい / めっきらもっきらどおんどん / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / しろくまちゃんのほっとけーき / からすのパンやさん / くだもの / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.46)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット