しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

とこちゃんはどこ」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

とこちゃんはどこ 作:松岡 享子
絵:加古 里子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1970年7月1日
ISBN:9784834002393
評価スコア 4.66
評価ランキング 2,164
みんなの声 総数 135
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • とこちゃんを探せ!

    初めて読んだのは3歳のときで、とこちゃんをなかなか見つけられずイライラしていましたが、今回は5歳年中になったので、探し方も上手になって私より早く見つけられて得意げでした。
    他にも、全体を見て「〜があったよ!」なんて気になるものを沢山教えてくれました。
    間違い探し、人探しなどに興味が出てきた子は絶対楽しめると思います。

    掲載日:2015/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • ノスタルジー

    いろいろな所で とこちゃんが迷子?(親にとっては)に
    なっている絵本です。子どもにとっては探すのが楽しくて
    また細かいところを見るのも面白いようです。

    親の私は 風景に懐かしさを感じます。特にお店屋さんと
    お祭りの所です。最後にデパートの食堂でとこちゃんが
    アイスクリームを食べて、親がソーダ水を飲んでいる所が
    この時代のよくある風景で本当に懐かしくなりました。
    また かこさんの絵が暖かくて見ていると
    優しい気持ちになります。親子でふんわりした時間を
    すごせる本です。

    掲載日:2013/11/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • いい絵本は時代を超える

    • ぴぐぺんさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子10歳、男の子5歳

    さすが かこさとしさん!(絵)
    昭和の香りが漂うけれど、けして色あせない可愛さ
    ちょっとサザエさんを彷彿とさせる和やかさが素敵です。
    とこちゃん以外にも楽しい探し物がたくさんありますよ
    なんと、初刊は1970年!いい絵本は時代を超えますねぇ^^

    掲載日:2012/11/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 懐かしい!

    読むまですっかり忘れていましたが、この絵本、私も小さい
    頃に読んだことがありました。
    懐かしいなあ。うれしいなあ。
    かこさんの絵本はどれもこれもほんわかしていて安心して
    読むことができるので大好きです。
    そうして、どれもこれもなんだか「どっさり」出てきますよね。
    人やらモノやらが。
    だから、この絵本のようにその中から特定の人やモノを
    みつけだすような物語はぴったりかもしれないなあって思いました。

    娘は何かを探し出すのはもうだいぶ慣れていますので、楽しく
    とこちゃんをみつけることができました。
    あちこち、いろいろなところで平気でどこかに行ってしまうとこちゃん。
    デパートの帰り道では、「おとうさんも、おかあさんも、とこちゃんの
    てをしっかりにぎってはなしませんでした」とありますが、
    まったくです。ひとごとじゃありません(笑)。
    夫も昔は(今でも)そんな子どもだったようですし、夫に
    似ている娘はやっぱり落ち着きがありません。
    実際の暮らしでは絵本を読むようになんてわけにはいきませんから
    「ぽこちゃんはどこ?」とならないように気をつけていようと
    思います。

    掲載日:2012/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵の魅力!

    子どもたちの大好きな“絵探し絵本”でありながら、ストーリーもきちんとあります。
    とこちゃんは、元気いっぱいな男の子。おとうさんおかあさんがちょっと目を離すと、とことこかけだしていなくなってしまいます。おばあちゃんにもらったお気に入りの赤い帽子をかぶっているので、それを目印に迷子になったとこちゃんを探してください! 市場、動物園、海岸、お祭り、デパートとだんだん難易度が高くなっていきます。加古里子さんのイラストが魅力的で、それぞれの場面が細かく丁寧に描かれています。とこちゃんだけでなく、いろいろな人や動物を探すのも楽しいですよ。

    お父さんとお母さんが○○していると、とこちゃんはとことこかけだして〜…の繰り返しで何度も迷子になってしまうとこちゃんに、「またやー!」と大歓声。
    ただ絵探しをするだけでなく、おとうさんとおかあさんが……と読むたびに、「あかん〜! またとことこ行ってしまう!」と言ったり、デパートの場面では、1,2,3階、4,5,6階と、探していくうちに、「もっと上まで行ってしまいそうやなぁ」「とこちゃんは悪い子や!」と言ったり。おはなしに入り込んでくれているようでした。

    自分と重ねてとこちゃんを見ていたのかもしれません(^−^)♪

    掲載日:2012/03/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 探すのが楽しい!

    とこちゃんを探す遊び絵本。
    子供達は探す絵本大好きなので、これも必死にさがしてました。
    最後の探すページでは、1度目はとこちゃんいないのに必死に探しましたが、2度目からは「ここにはいないんだよね〜」とフフンとしています。
    その姿は、とても面白いです。

    掲載日:2011/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • なつかしい

    ものすごく懐かしい本です。
    まだ小さかった頃、あちこちに行ってしまいよくまいごになる私のことを、母がとこちゃんみたいと言ってました。
    赤い帽子と青いズボン。
    絵本の中でまいごになるとこちゃんを探すときはその二つが目印。
    5歳の長男はノリノリでとこちゃん探しを楽しんでいました。
    思っていた以上に探すのが早くてびっくり。
    全部自分で見つけることができました。
    加古里子さんの絵は見ていて楽しいです。
    とこちゃんを探しながら、絵を隅々まで堪能してみてください。

    掲載日:2011/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さい子でも探す楽しみを味わえます

    来年から幼稚園にはいる元気な男の子、とこちゃん探しは、「ウォーリーを探せ」ほど、細かく描かれていないので、子供が小さくても探すことができます。近所の子で、とこちゃんに似た子がいたので、その子を探す気分でした。

    3〜4歳でも十分楽しめますよ。

    掲載日:2010/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 迷子は男の子の特権か?

    • セルバさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、女の子5歳、男の子0歳

     最近長女が自分の読んだ絵本のベストテンを作っていました。その一番に選ばれていたのが、この絵本でした。
     私の中では結構意外。長女は、お出かけの時は絶対に両親の手を離さないし、もし離したとしても衛星のように周囲にいるような子です。その子が、迷子になるこのお話が好きだったんだ、と思いました。
     迷子になるのは私の偏見ですが男の子の方が多いのではないでしょうか?やっぱり色んなことに興味を示していつのまにか置いていかれてしまうとか、どこかにいってしまうとか、そういうイメージがあります。この本もそんな男の子のとこちゃんが主人公です。
     もちろん、この本には探すという楽しみがあるので、もしかしたら純粋にその部分がおもしろいのかもしれませんが、やっぱりあこがれがあるのかな、と母としては考えています。
     絵本には自分ができないことを体験できる、そんなすごい効果がありますよね。

    掲載日:2010/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 探すのが楽しい

    とこちゃんってとことこって意味でしょうか?
    どんなお話なのか読んでみました。

    どこに行っても、いつのまにかいなくなって
    しまうとこちゃん。
    それは、動物園だったり。デパートだったり。

    このとこちゃんのように子供なら誰でも
    気づくといなくなってしまうってこと
    よくありますよね。
    親は捜している間、心配な気持ちと怒りの気持ち。
    子どもには分からないから、ふらっと
    してしまうのですよね。
    うちの子にも目立つ赤帽子をかぶせようかなと
    思ってしまいました。
    とこちゃん探しが楽しかったようです。

    掲載日:2009/05/20

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「とこちゃんはどこ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

みんなの声(135人)

絵本の評価(4.66)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット