モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

とこちゃんはどこ」 大人が読んだ みんなの声

とこちゃんはどこ 作:松岡 享子
絵:加古 里子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1970年7月1日
ISBN:9784834002393
評価スコア 4.66
評価ランキング 2,165
みんなの声 総数 135
「とこちゃんはどこ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大人も夢中に

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子4歳、男の子2歳

    書店をブラブラしていて目に付いたこの絵本。古い絵本みたいですが、私は大人になった今、初めて出会いました。
    懐かしい雰囲気のイラストが味があって素敵ですね。
    そしてもちろん中身も。大人でも夢中でとこちゃんを探してしまいました。
    “探す”絵本大好きな息子たち、きっと気に入ると思うので、今度は息子たちに見せてあげようと思います。
    いい絵本に出会えて良かった(^^)

    掲載日:2011/02/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • とこちゃん探し

    とこちゃんが何処かへ行ってしまうお話です。

    とこちゃんから目を離してしまう大人の行動には、ちょっと問題点だなぁと客観的にみて思ってしまいました。
    子ども達からすると、単純にとこちゃんを探す絵本だと思うので、楽しめる絵本だと思います。

    掲載日:2010/01/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • とこちゃん探し♪

    • 15さん
    • 20代
    • その他の方
    • 京都府

     とこちゃんはおでかけするとすぐにとことこかけだしてどこかへ行ってしまいます。

     とこちゃん探しが面白いのはもちろん、市場・動物園・海水浴・お祭り・デパートと、絵本の見開きいっぱいに広がる世界をじっくり眺めるのもとっても楽しいです。

     とこちゃんのおばあちゃんの
    「とこちゃんを そとへつれてでるのは、こわい こわい」
     という台詞には思わず笑ってしまいました。
     (おばあちゃんには笑い事では済まされないのでしょうけど・・・。)

    掲載日:2009/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 懐かしい!

     この絵本を本屋さんで見つけたとき、「あれ?これって・・・。なん

    か見たことあるかも・・・。」と思い、読んでみました。

     そしたら、これは私が小さい頃によく保育所や幼稚園で借りて読んで

    た絵本でした!

     懐かしくてすごく嬉しかったです。

     子供にはまだ読んでませんが、きっと気に入ると思います!

     ちょっとウォーリーっぽくていいかも^^

    掲載日:2009/04/18

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「とこちゃんはどこ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(135人)

絵本の評価(4.66)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット