ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

Papa! パパーッ!」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

Papa! パパーッ! 作・絵:フィリップ・コランタン
訳:薫 くみこ
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2002年
ISBN:9784591073841
評価スコア 4.68
評価ランキング 1,625
みんなの声 総数 21
「Papa! パパーッ!」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 子供時代の感情は人も怪獣も一緒!?

    • ちょびこさん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子3歳、女の子2歳

    表紙がとってもおしゃれです。
    黒い縁取りに浮かぶ赤いPapa!のタイトル。
    中心には驚愕の表情をした人間の男の子と怪獣がダブルベッドの中で向き合っています。
    だって、このお話。ベッドで「さあ、おやすみ」って時に、隣に怪獣がいるんですもん。
    そりゃあ、「パパーッ!」って叫びたくもなりますよね。

    内容は前半が怪獣の子どもの視点から、後半は人間の男の子の視点から書かれています。
    どちらも優しい大人達があやしてくれるのだけれど、誰も言うことを信じてくれない。
    と言うよりは、大人には見えないの。

    これは先に怪獣から書いているからいい、という書評をよく見ますが、私も同感。
    先に人間の男の子から書いちゃうと「一人で寝ると怪獣がいる」なんてイメージが出来上がっちゃいそうですもん。
    先に怪獣が「パパーッ」と騒ぐことで、もし怪獣が現れても(多分現実は現れないけど)怖くないんだって感じてくれると思います。
    怪獣から見たら人間は怪獣なんだ、って新たな発見もできますしね。

    この本はおやすみ前に読んでほしい一冊ですね。

    掲載日:2011/02/28

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「Papa! パパーッ!」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / からすのパンやさん / バムとケロのおかいもの / おつきさまこんばんは / うずらちゃんのかくれんぼ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.68)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット