ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
彩吉さん 30代・せんせい

憎めない存在のほげちゃん!
家にやって来た子犬にヤキモチを焼いたり…

だごだごころころ」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

だごだごころころ 絵:梶山 俊夫
再話:石黒 なみ子 梶山 俊夫
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1993年09月30日
ISBN:9784834012187
評価スコア 4.59
評価ランキング 3,733
みんなの声 総数 28
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 関西弁の昔話

    2歳7ヶ月の息子と読みました。
    何か昔話を読んであげたいなと思い始め、見つけた絵本です。
    だごだごころころ という言葉を息子も気に入り、手にとった
    瞬間から、「だごだごころころ〜」と言っていました。
    読んでいくてと、兵庫出身の私には、なんとも身近な言葉が沢山。
    うんうん、私もこういう言葉使う!と思ったり、おばあちゃんやおじいちゃんが使ってたな〜としみじみしたり。
    物語を全部理解できてはいないかもしれないけれど、息子にも大まかな内容は分かったようです。
    昔話独特?な絵も気になるようで、山にかかる雲を「これ何?」と言って興味を持ったりしていました。

    掲載日:2012/05/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • おだんご

    最近鬼の出てくる昔話が大好きな息子に、図書館で探して借りてきました。

    「だごだご」って何かと思ったら、だんごのことだったんですね。おむすびころりんのように、おだんごが転がっていくことから始まる話ですが、ほんの少しの粉をそれで混ぜるとたくさんになるという不思議なしゃもじや、船を漕いでくれる赤とんぼなど、他の話には見られない独特のものが登場します。最後の鬼から逃げる方法も見事で、しかもすっきり。昔話らしい昔話です。

    息子は予想通りとても気に入って毎日読んでくれとせがみます。

    掲載日:2011/04/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • あかとんぼの恩返し

    柴山俊夫の絵が昔話の世界へ誘っていきます。

    お話にも勿論夢中になれますが、絵にも惹かれます。

    赤とんぼの恩返しに、その仲間達に心が温かくなり満たされます。

    赤とんぼの体が赤い訳も知ることが出来ました。

    最後まで諦めないことも教えられた絵本です。

    年齢に関係なくお薦めの絵本です。

    掲載日:2010/01/28

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「だごだごころころ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / くすのきだんちへおひっこし / サンタクロースとぎんのくま / いないいないばあ / ぐりとぐら / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



2つの写真のまちがいをさがそう

みんなの声(28人)

絵本の評価(4.59)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット