そらから ふるもの なんだっけ? そらから ふるもの なんだっけ? そらから ふるもの なんだっけ?の試し読みができます!
文・絵: 岩田 明子  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
まめじゃなくて、こめでもなくて、そらからふるもの、なんだっけ!? さあ、かみなりちゃん、ちゃんとふらせられるかな?

だごだごころころ」 大人が読んだ みんなの声

だごだごころころ 絵:梶山 俊夫
再話:石黒 なみ子 梶山 俊夫
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1993年09月30日
ISBN:9784834012187
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,277
みんなの声 総数 29
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 「だんご」を「だご」と呼ぶ地域の昔話

    • てんぐざるさん
    • 50代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子22歳、女の子17歳

    特にどこの昔話とは書かれていません。作者は富山出身の方ですが、調べてみたら九州地方の南の方は、「だんご」のことを「だご」と呼ぶそうです。
    どちらにせよ、西の方の昔話のようです。

    この昔話の面白さは、ほかの昔話と似てるようで「えっ?」と思うような登場人物が頑張って活躍しているところではないでしょうか。

    例えば、主人公がおばあさんで、おばあさんが“鬼退治”をしてしまうとところとか、
    昔話ではよくある有名なつるやねこ、お地蔵様の代わりに“あかとんぼ”がおばあさんを助け、なんと舟まで漕いでしまうんですよ〜。

    テンポよく、楽しいストーリー展開となっています。
    梶山さんの描く鬼たちは、大きくて一見怖そうなのに、何度も見ていると可愛く見えてくるから不思議です。
    それほど長くない昔話なので、幼稚園の年長さんくらいからなら、楽しく聞けるのではないでしょうか。

    掲載日:2018/02/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • 赤とんぼが赤い訳

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子19歳、男の子16歳、

    富山の昔話だそうです。
    石黒さんが実際に語り聞いた昔話を、絵の梶山さんと一緒に再話しています。
    ばあさんがじいさんのために作っただご(だんご)がころころところがり、
    後を追ったばあさんは鬼と出会うのです。
    鬼は不思議なしゃもじを持ってきて、粉をかき混ぜると、粉がたくさん出てくるのです。
    ずっとその粉でだごを作らされるばあさんは、
    以前助けた赤とんぼの機転で無事逃げ出すのですが、
    鬼はさらに追いかけてくるのです。
    不思議なしゃもじの効用が見事です。
    赤とんぼが赤い訳もなるほど、です。
    昔話らしい、素朴なストーリーでした。
    擬音も心地良く、独特の語り口も味わい深かったです。
    ぜひ、音読して耳で味わってほしいです。

    掲載日:2013/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤とんぼがっばったね!

    きのいい じいさん ばあさんの昔話
    だご(だんごのこと)がころげて おいかけてった ばあさん
     だごは穴の中に

    なんと鬼のすみか 鬼は ばあさんの だごがおいしいので ふしぎなじゃもじを渡して 作ってくれと頼みます
    あれあれ このしゃもじでこねると こながどんどん増える・・・・(こんなしゃもじがあるといいな〜)

    ばあさんは、家に帰りたい!このとき、赤とんぼが、この赤とんぼはね ばあさまがクモの巣にかかってのを助けてやった赤とんぼ 

    なんと 助けてもらたお礼にきたのです
    良いことをすると 助けてくれるんですね (昔話のいいところ)

    赤とんぼが おばあさんを乗せた船をこぐなんて・・・・
    ちょっと不思議な気がしますが こんな事もあるんですね(あんなに かぼそいのにね)

    鬼たちは追っかけてくるし・・・・

    川の水を飲む鬼 逃げるばあさまと赤とんぼたちのお話の迫力!
    梶山さんの赤鬼絵もすごい 迫力!
    息をのんで あーっ 飲み込まれそう
    赤とんぼが がんばってまけじと船こぐ・・・だから 赤くなったんだって!
    えっ? それほんと?
    昔話は ほんとになるところが、安心感あるのかも
    不思議なしゃもじは いいな〜(ばあさんは だごやさんしたんだって)

    掲載日:2010/10/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昔話

    昔話が好きなのでこの絵本を選びました。迫力満点の鬼の描写が素晴らしいと思いました。お婆さんが優しくて料理上手なので窮地をしのげたのだと思いました。手に職をつけておく事の大切さを痛感しました。トンボが何故赤色になったかも知る事が出来て良かったです。お婆さんの団子が美味しそうなので私も作ってみたくなりました。お婆さんがお爺さんと再会した時の笑顔が心に残りました。

    掲載日:2010/02/02

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「だごだごころころ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / じゃあじゃあびりびり / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / くすのきだんちへおひっこし / サンタクロースとぎんのくま / ぐりとぐら / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


フリフリえほん たかいよしかずさん&編集者・清水剛さん インタビュー

みんなの声(29人)

絵本の評価(4.6)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット