だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

おみせ」 11歳のお子さんに読んだ みんなの声

おみせ 作・絵:五十嵐豊子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1987年
ISBN:9784834001389
評価スコア 4.73
評価ランキング 930
みんなの声 総数 21
「おみせ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

11歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 私の母にプレゼントしようと思います

     一目で気に入り借りてきました。
     五十嵐先生は、お祭りや縁日に興味を持ち全国各地を旅行した方だそうです。
     この絵本も、全国各地を取材された数多くスケッチされた中から一部を選び一冊にしたものだそうです。

     奥付に、各ページの取材地名も載っています。

     私の幼い頃は、こういうお店が、ちょっと小路を曲がるとありました。
     金物屋さん、酒屋さん、時計屋さん、おもちゃ屋さん、、釣具屋さん、金魚やさん、お焼き屋さん、端切れやさん、本屋さん、自転車屋さん、駄菓子屋さん、鰻屋さん、呉服屋さん、あっ、瀬戸物屋さんもありました。
     数え上げたらきりがありません。

     どの店構えも私の記憶にあるお店と似ています。
     時代を感じさせる、通行人の服装や携行品、暖簾、幟にため息が出てきます。
     
     写真とは異なる、人の息づかいの感じられる建物の魅力が絵から伝わってきます。
     まったくもって、タイムスリップしてしまった気持ちです。

     絶版になっていないですよね。
     「母の日」に私の母にプレゼントしようと思います。

    掲載日:2010/04/29

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おみせ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / いないいないばあ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.73)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット