なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

ありがとうともだち」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

ありがとうともだち 作:内田 麟太郎
絵:降矢 なな
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2003年06月
ISBN:9784032321203
評価スコア 4.81
評価ランキング 218
みんなの声 総数 105
「ありがとうともだち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 友情が深まってる〜!

    • ともっちーさん
    • 40代
    • ママ
    • 佐賀県
    • 女の子8歳、男の子4歳

    「ともだちや」がなかなか良かったのでこれも読んでみました。

    きつねとおおかみの友情が深まってる!と、これだけで何だか嬉しくなります。

    二人で海に出かけたものの、大口を叩いた割になかなか釣れないおおかみ。
    やっと釣れた!と思ったらタコの大家族(笑)
    ここで息子は大うけでした。

    でも、そこですねちゃうおおかみに対するきつねの言葉にとても温かい気持ちになりました。
    きつねにとっては、おおかみと一緒に海に来た、それだけですごく楽しかったんですよね。

    心温まる、いいお話でした。

    掲載日:2015/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友達の言葉に救われる。。

    「ともだちや」に続き,4歳幼稚園年少さんの娘に読み聞かせました。
    仲良しの友達になったキツネさんとオオカミさんのお話です。
    二人はおとまりをするくらい仲良くなったのですね!

    海に行った事のないキツネさんを海に連れて行ったオオカミさん。
    釣ったことのないカジキを釣ったと嘘をつき見栄を張ってしまったオオカミさん。結局海でもカジキなんて大物は釣れず。。。
    そんなオオカミさんに言ったキツネさんの一言が素敵でした!!
    友達の言葉にに救われることってありますよね〜そんな事を思わせてくれる絵本でした。

    掲載日:2014/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい時を過ごすこと

    仲良しのキツネがオオカミの家に泊まりにきた晩、オオカミはついキツネに嘘を話してしまいます。ちょっと強がりたかっただけだったのですが。

    翌日、海で釣りをすることになった二人。オオカミの嘘はバレるかと思われますが・・・。

    キツネはそんなこととは知らず、オオカミとの海での一日を十分楽しんだようです。

    子供は物事の真偽よりも、その時を楽しめるかの方が大事なんでしょうね。息子も、オオカミの嘘には興味を示さず、感想は「今度海で釣りをしよう!」でした(笑)。

    掲載日:2012/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • ナイスコンビ!

    「おれたち、ともだち!」シリーズの中で最初に読みました。
    「ありがとう」が人にとても大切な言葉だと思ったからです。

    絵本の中で、おおかみときつねというペアは、以前はなかなかうまくいかない組み合わせで、いじめられたり、やっつけられたり・・・というイメージがありました。
    でも、このともだちシリーズでは親友。お互いが相手を大好きだという気持ちが伝わってきます。

    不器用なおおかみの、海の話がどんどん大きくなってしまって後に引けなくなる。子供はもちろん、大人にもよくある事ではないでしょうか。
    きつねはそんなおおかみのやさしい部分に感謝の気持ちを素直に伝える。
    ちいさな「ありがとう」を見つける。素直な子供時代にはできても、大人になると忘れてしまうような気持ちを思い出させてくれました。

    インパクトのある絵で、細かい部分に子供が見つけて喜ぶようなシーンがいくつもあります。
    大人が見ても十分楽しい。もちろん、小さな子供でも楽しめる絵本。
    夕焼けの海のページはとても美しく感動しました。

    掲載日:2012/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 海をみたことないきつね君を連れて海へ来たおおかみ君。でも、大きなカジキを釣ったとうそをついてしまった
    おおかみ。でも、いくら待っても、釣れたのはきつねくんばっかり。最後に子だこのつながったようなのを
    やっとおおかみくんが釣りますが、悔しくて大暴れ。でも、小さく「ごめん」というおおかみくん。そこで
    きつねくんが言ったのは「大物がつれたじゃないか!海を釣ったじゃないか!すごいよ、おおかみくん」と
    いう内容のこと。

    きつねくんの詩人ぶりはすごいけど、子供にも素敵な想像をさせることができそうで、すごく感動できる絵本
    でした。そして、内容も良い。ちょっと見栄をはりたくなったおおかみくんを上手くfollowするきつねくんも
    いいし、連れて行ってあげようとするおおかみくんもいい。

    仲良し、サイコーです。

    掲載日:2012/06/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 感動

    海を知らないキツネに海の話をするオオカミ。
    そして、海に海釣りに行くことに。小魚を釣るキツネに、何も釣れないオオカミ。
    大物が来たと思ったら、コダコの大家族・・・。
    オオカミの焦りがとても笑えます。
    大物を釣れずに謝るオオカミに、キツネは「てんこもりの海をありがとう」読んでる方が感動します。

    長女は「ともだちシリーズ」を読むと毎回大笑い。
    でも、このシリーズはいつも大人の心も温かくしてくれますよー。

    掲載日:2012/04/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子達のような関係

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子4歳、女の子0歳

    キツネがオオカミさんの家にお泊りをした夜、
    オオカミさんから海釣りの話を聞きます。

    二人は早速、海へ繰り出すことに!

    しかしなんとカジキをつったというオオカミさんの武勇伝、
    全くのデタラメだったんですね。
    オオカミさんはあせります。

    でもやさしいキツネさん。
    一匹も釣れずいらだつオオカミさんを
    見事に癒してくれます。

    いつも思うけど、オオカミさんに振り回されるキツネさん。。。
    それでも二人は友達なんですね。

    オオカミさんの家にお泊りをしてるときの
    キツネさんの様子。
    嬉しい気持ちやドキドキが伝わってきて、
    息子を見ているようでした。

    4歳の息子はこのシリーズが大好き。
    きっと自分と保育園の友達の関係と
    重なる部分があるんでしょうね。

    掲載日:2011/07/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 胸がじーーん

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子4歳、男の子2歳

    「おれたちともだち」シリーズ、毎度毎度、心をほっこり温かくさせてくれます。私も息子たちも大好きなシリーズです。
    さて、今回は、キツネが初めてお泊まりです。そして、海に行ったことがないというキツネの話を聞き、オオカミは海釣りでいいところを見せようと、さっそく翌朝、二人で海へ出かけました。
    大きなカジキを釣ると、でかいこと言ってしまったオオカミですが、カジキどころか、な〜んにも釣れません。
    でもキツネの一言に救われました。本当に本当に、素敵な一言。読んでいて胸がじ〜んとなりました。
    いいところを見せなくちゃと片意地はって頑張っているオオカミのうしろで、常に純粋に海を楽しんでいるキツネ、そのようすを目で追うのもすごく楽しいです。

    掲載日:2011/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • オオカミもキツネも最高だ!

    キツネにいいところを見せたいオオカミ。
    キツネの「初めての海」にオオカミは張り切ります。
    でもカジキを釣るはずが、釣れたのはコダコの大群・・・。
    落ち込むオオカミですが、
    キツネは「海が釣れた」と最高の表現で、
    海をエンジョイしたことを伝えます。
    友情、海のスケールの大きさ、タコの表情・・、見所多いです。

    掲載日:2011/02/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほんとうに、ありがとう

    表紙の絵と題名を見て「ママ、これ読んで」
    いままで怖いと思っていたキツネとオオカミが
    楽しそうに自転車に乗って海を目指してる。

    どうやら息子が絵本を選ぶ基準は
    「楽しそうなお話、かわいい絵」

    読んだら結構真面目な話で、親子で気に入りました。
    好きな人に、してあげたい気持ちが空回りのオオカミさん。
    そんな自分にイライラ、そして相手にもやつあたり。
    一生懸命なオオカミさんと、とぼけたキツネさん。
    なかなか良いコンビです。

    掲載日:2010/03/08

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ありがとうともだち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / からすのパンやさん / バムとケロのおかいもの / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / おおきなかぶ / おふろだいすき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(105人)

絵本の評価(4.81)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット