ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

ありがとうともだち」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

ありがとうともだち 作:内田 麟太郎
絵:降矢 なな
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2003年06月
ISBN:9784032321203
評価スコア 4.81
評価ランキング 217
みんなの声 総数 105
「ありがとうともだち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • おたがいの気持ちがいい!

    5歳の息子に読んでやりました。このともだちシリーズではこのストーリーが一番かな?お互い友達だからこそ思いやってやれる気持ちをそのまま素直にだしていて、とってもいい!これでこそともだち!と思います。友達だからこそ起きてくるいろいろな事件、出来事、気持ち。そういうのを丁寧に子供でも分かるように独特だけどその気持ちが伝わるイラストで描かれているのが本当にいいなーと思います。友達に味わってもらいたい、やってあげたいという気持ちとそういう経験をさせてくれて本当にうれしかったよという気持ちがとてもうれしく涙がでそうでしたね。息子もともだちのことを考えさせてくれる一冊だったみたいですよ。

    掲載日:2013/03/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 海に行きたくなります

    • ぷりこさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子10歳、男の子5歳

    キツネは、仲良しのオオカミの家にお泊りに行く所からお話が始まります。お泊りまでしちゃうほど仲が良いって羨ましいなあ〜と思います。うちの娘や息子にもそんなお友達が欲しいです。

    さて、キツネは海に行ったことが無いと言うことで、オオカミがキツネを海に連れて行って釣りをすることに
    なります。そして、オオカミが釣ったのはとんでもなく面白い物でした。キツネは大喜びしますが、オオカミは
    目的の物を連れず納得できません。でもキツネの一言で救われます。

    息子は、釣れた物に大笑いして、1匹ずつ数を数えていました。海で踊っているページでは、18匹いたよと嬉しそうに
    話してくれました。夕日のシーンでは、息子がカニとヒトデとヤドカリとカイがいたよ〜と教えてくれました。しっかりチェックしていたようでした。

    キツネが海を満喫しているところを見ていたら、私も家族で海に行きたくなりました。親子で楽しめる作品です。

    掲載日:2012/06/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • 面白いねぇ〜、と息子が言いました♪

    5歳の息子に読みました。

    息子は、タコが山盛り釣れた事がとても面白かった様子。
    読み終わってから「たこがさぁ、すっごいいっぱいさぁ・・・」と
    身振り手振り満載で「面白いよねぇ〜」と大絶賛していました。

    海釣りって、だじゃれ?も面白かったみたいです。
    「そういう意味じゃないのにね〜」とニコニコ♪

    息子から見ると、母親の私はおおかみさんなのかもしれません。
    なんでもできる(してあげようとする)けれど、
    時々、思い通りにならないとすっごく怒ってくる。

    でも、きつねはおおかみさんが大好きで、
    おおかみさんはピュアに慕い続けてくれるきつねの心に触れて
    (ハッ!)として、自分もきつねが大好きだって思い出す。

    ぶつかるけれど、最後にはいつもつながりを確認しあう。
    そこに、親も子もドキドキするけど安心できる、素敵な絵本だと思います。

    掲載日:2012/06/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 相手の気持ち

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、男の子2歳

    友達っていいなぁと感じる絵本です。
    オオカミのカジキをつってやりたかったという爆発しそうな気持ちもわかるし、
    ポツンと「カジキ釣れなくって」と言ったオオカミの気持ちもわかる。
    そしてそんなオオカミを元気つけようとキツネが発した言葉。
    その優しさもわかるなぁ。
    人間的な(人間じゃないけど)気持ちのオンパレードに
    ヒヤヒヤしつつも最後はあたたかな気持ちでいっぱいになります。
    相手の気持ちを感じることや
    想像することって大事ですね。

    掲載日:2012/06/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • にひきともかっこいー

    幼稚園にもこのシリーズの『ともだちや』があるそうですが、
    「おっきい絵本だからまだ読んだことがない」と娘が言っていました。
    (おおぜいの子ども達に読みきかせる用の絵本のようです。普通サイズの
    絵本でしたら、ひとりで勝手に読んだりしているようですが、大きいのは
    さすがに、読めないらしいです)。
    なので、娘も、私も、このシリーズの絵本を読むのは初めて♪

    読んでいて、にひきともかっこいー!と思ってしまいました。
    カジキマグロを釣ったなんてウソ話をしてしまったり、なかなか釣れなくて
    イライラしちゃったりするオオカミさんはあんまりかっこよくはないです
    けれど、それでもうみにいったことがなかったキツネを自転車の後ろに
    のせてぱぱっと行ってしまうところや、カジキが釣れなくて素直に謝る
    ところなんてシビレました。こんな男性がいたら惚れてしまいそうです(笑)。

    そうして「まるごとのうみをつったんだよ」なんて言えるキツネも、
    めちゃめちゃかっこいー!!私もこんな風に言ってみたいけど、これは
    一度も海を見たことがないキツネだから言える言葉ですね。普通の人が
    言ったらちょっとクサ過ぎですね。
    でも、海ってクサい言葉も似合うんだなあ。
    海に行きたくなりました(クサい言葉を言いに)。
    娘は物語よりも、最後のページのミミズクのじいさんのよだれが
    気になった模様です(笑)。

    掲載日:2012/06/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • スケールの大きい挿絵に感動

    キツネくんとオオカミくん、おなじみの二人の楽しい海辺での一日が描かれていました。つい見栄を張って大きなことを言ってしまったオオカミ。うまくいかずにイライラして、かんしゃくを起こしそうになりますが、キツネくんの(天然とも思える)一言で救われます。
    特にスケールが大きくて、その上細かな遊びがいっぱい散りばめられている挿絵に感動です。キツネくんが初めてみる海が、深い色合いで素敵に描かれていて、ずっと見ていたくなる衝動に駆られました。また、マンガ風に小さい絵がコマ割りで並んでいるというのも新鮮。たくさんのおむすびをつくって、海に出かける準備をするキツネくんとオオカミくんの楽しそうなこと!また、釣りの場面では対照的な表情が楽しいコマ漫画になっていて、さらに笑えました。
    一緒に読んでいた5歳と7歳の娘は、オオカミがつったタコ家族の姿を不思議そうに見つめた後に大爆笑でした。
    家族みなで楽しめるこのシリーズが大好きです。

    掲載日:2012/06/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 大切にしたい気持ち

    お友達の前ではかっこつけたいおおかみくん、きつねくんについつい嘘をついてしまいます。海へ行って、大きな魚を釣り、嘘を本当にしようと頑張りますが、なかなか思うようになりません。最後にきつねの言った純粋な一言に、感動です。お友達にありがとうと言えることは素敵なことです。娘にも大切にしてほしい気持ちです。
    素直できれいな心の持ち主のキツネくんと意地っ張りだけれどやさしい心のオオカミくんのコンビ。絶妙です!

    娘はかわいらしい絵が大好きなので、この絵本は絵があまりおきに召さないご様子。夕日の場面はきれ〜と感激していました。

    掲載日:2011/12/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • しみじみと

    兄貴風をふかせて、つい、大風呂敷を広げてしまうオオカミ。
    オオカミの話に素直に感動し、尊敬するキツネ。
    ふたりは「うみづり」に行くことに!

    でも、いざふたを開けてみると、邪心のないキツネに軍配が。
    オオカミの焦る気持ちがふくらんでいくのが、細かく表現されてて、
    なんだか、こっちまで焦ってきます(笑)

    「きたーーーーーーっ!」
    おおっ!☆名誉挽回か〜!?
    ……。
    もう、大爆笑です☆★
    恥ずかしいですよね。悲しいですよね。面目丸つぶれですよね。

    そして、キツネのひと言。
    これは感動的!素晴らしかったです!!
    「思いやり」をはぐくむ一冊です☆

    掲載日:2011/07/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • ごめんが言えたオオカミ

    海をしらないキツネに「おおものを つったことがあるんだぞ」と、オオカミが言いました。

    キツネがお泊りにきたのがうれしくて、気持ちが大きくなって、ついつい嘘をついてしまったんですね。

    その「嘘」にがんじがらめになっているオオカミの姿は、見ていてハラハラしました。

    「この二人はどうなっちゃうんだろう?」と心配になったら、オオカミの「ごめんな」という一言が・・・

    オオカミさん、「ごめんなさい」が言えたね!!

    そして、キツネの気持ちの素晴らしいこと。

    ささいなことですれ違いケンカになっていた二人が、この作品では、一歩大人になったように感じました。

    掲載日:2011/05/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • ともだちって素敵!

    • だかりんさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子5歳、女の子3歳

    最近の我が家のお気に入り。
    絵もなんだか漫画っぽい感じになっていて、楽しげ。

    キツネとオオカミは自転車に乗って海へ行きます。
    オオカミは、つい言ってしまった嘘を本当にすべくオオカジキを釣り上げようとしますが・・・

    子ども達の一番のお気に入りは、なかなか釣れないオオカミが大物(?)を釣り上げる場面。
    言葉は要りません。思わずみんなで大笑いです。

    でも、その後にキツネはちゃんと感動する場面を作ってくれています。
    うみづりって素晴らしい!
    ともだちって素晴らしい!

    掲載日:2011/01/05

    参考になりました
    感謝
    1

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ありがとうともだち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / からすのパンやさん / バムとケロのおかいもの / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / おおきなかぶ / おふろだいすき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(105人)

絵本の評価(4.81)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット