貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

いちにのさんぽ」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

いちにのさんぽ 作・絵:ひろかわ さえこ
出版社:アリス館 アリス館の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1999年02月
ISBN:9784752001164
評価スコア 4.51
評価ランキング 5,528
みんなの声 総数 48
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • お散歩の楽しさ♪

    お散歩途中にいろんな動物と出会う絵本です。
    リズミカルで歌うような文章が、お散歩の楽しさを表すようで、読んでいてとてもウキウキしてきます。

    「さんぽ あるいて こんにちは」とご挨拶まで入っているのもいいですね。(*^_^*)

    1歳頃の歩き始め、自分で歩いてお散歩できるようになった頃に是非!
    お散歩を大好きにしてくれるような絵本です。

    1歳〜3歳頃にオススメします。

    掲載日:2011/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • あいさつの仕方がわかる

    リズミカルな文章なので歌うように読んでやると娘がとても喜びました。

    最初のページで「あれ?顔がない・・・」と思ったら、なるほどアリさんとの大きさの比較を表していたんですね。
    次から次へといろんな生き物と出会い、「こんにちは」ときちんとお辞儀をしながらあいさつします。
    あいさつの習慣が身につきそうな絵本です。
    ただ、「いっしょに おさんぽ しましょうか」という言い回しが(ちっちゃい子向けの本にしては)丁寧すぎてちょっとだけ違和感がありました。考えすぎかな・・・?

    0〜2歳向けの本だと思います。

    掲載日:2008/05/21

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「いちにのさんぽ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / ぐりとぐら / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / いないいないばあ / くだもの / だるまさんが / そらまめくんのベッド

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


「観察が楽しくなる美しいイラスト自然図鑑」シリーズ 編集者インタビュー

みんなの声(48人)

絵本の評価(4.51)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット