雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
汐見台3丁目さん 40代・ママ

賢治の作品の祖となるテーマ
つい近年まで私の中では、宮沢賢治という…

やねのうえのもも」 大人が読んだ みんなの声

やねのうえのもも 作:織茂 恭子
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2002年03月15日
ISBN:9784494008957
評価スコア 4.58
評価ランキング 3,911
みんなの声 総数 11
「やねのうえのもも」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ももの抵抗

    「ももの抵抗」は、凄く偉いと感心しました。もものようにしっかりと自分の意志を持って行動しているから「もも」を褒めてやりたいと思いました。
    きょうだい喧嘩になった時に、私は、一番上のゆっくり、ゆっくりの孫には、あんまり怒らないで、ついつい真ん中の弟を叱っていることが多いと思い、この絵本を読んで反省しました。きちんと理由を聞いてこれからは、対処したいと思いました。

    掲載日:2016/07/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 30代後半以上の方々へ

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子12歳

    主人公の名前が「もも」だからでしょうか?桃色の夕暮れ色の表紙絵がインパクトありました。

    この絵本が出版されたのは2002年ですが、こういう二階家や町の風景は昭和の30年から40年後半くらいをイメージしているの気がします。
    うちにはこういうベランダはありませんでしたが、友達んちの二階がこんな感じで、遊びに行って、ベランダに出るのが楽しかったのを覚えています。(今はその友だちのうちも、最新式の3階建で、2世帯同居をしていますが)

    私も子どもの頃危ないことをして近所のおばさんに叱られたりしたことがあります。(ももちゃんはやってもいないの側にいたために被害をこおむってしまってますが)
    良くも悪くも、昔は近所の人は住んでいる地域の子どもたちが「悪さ」をしたら、
    まっとうな大人として叱ってくれましたが、今、もし同じことをしたら、相手の子どもやその親に逆ギレされて非難されてしまいそうな怖い世の中になってしまいました。

    というわけで、この絵本は全然「今」の子どもたちが共感できない気がします。
    (とってもいい作品なのですが)
    むしろ、読んで喜ばれるのは大人たち・30代後半以上の方たちが、昔を思い出して懐かしい気持ちになれる本かもしれません。

    掲載日:2012/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 温かい昭和の人間関係

    • YUKKOさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子11歳、女の子9歳、女の子6歳

    近所の子供に注意する大人が極端に減った現代ですが、
    昭和の時代には、大人たちは近所の子も我が子も分け隔てなく
    注意したり褒めてあげたりしていたんですよね。
    近所の注意はおじちゃん・おばちゃんは注意こそするものの
    心の奥底は とっても温かくて根に持たず、理想的です♪

    このお話の中で、勘違いして ももちゃんを怒ったお向かいのおじいちゃんも
    自分の間違いをすんなり認める発言をして
    「いやあ、ほんとに わるかったなあ」と謝るところに好感が持てます。

    注意したり褒めてくれるということは、
    自分のことを よく見てくれているということですもんね。
    思春期など、時として鬱陶しいと思うこともあるのかもしれませんが
    人々が【自分の居場所】を感じられる人間関係や近所付き合いは素敵です。

    掲載日:2009/08/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいそうでした

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子9歳、男の子5歳

    悪いことをしていないのに、一方的におこられて、おしおきをうけているももちゃんを見て、なんだか、悲しくなってしまいました。
    あとで、親やおじいちゃんといった大人があやまるのですが、ももちゃんの言い分をちゃんと聞いてあげる心の余裕がほしいなあと思わざるをえませんでした。
    親としては、子どもの気持ちをくみとることの大切さを痛感させられる絵本になっていると思います。
    子どもは、ももちゃんにとっても同情していました。

    掲載日:2008/05/28

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「やねのうえのもも」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / いないいないばあ / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.58)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット