あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

ピカピカ」 12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声

ピカピカ 作・絵:たばた せいいち
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1998年12月
ISBN:9784033308302
評価スコア 4.68
評価ランキング 1,628
みんなの声 総数 21
「ピカピカ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 自転車を大切にしよう

    棄てられた自転車のピカピカ。
    まだまだ走りたいのに。
    猫のタマに助けられ、飼い主のゆきちゃんに連れて行ってもらったのは自転車屋さんのげんじいさん。
    すっかり元気になったピカピカがアフリカで活躍する話です。

    この絵本、2つのポイントがあります。

    一つは、自転車がいかに安易にゴミとなっているかということ。
    実際に放置自転車、廃棄自転車をよく見かけるけれど、自転車はそう簡単に壊れたりしないし、修理さえすればいくらでも使えるものです。
    安易に棄てられてしまうことを、考えなければいけない。
    ものを大切にするということを一番はっきりと表しているのではないかと思います。
    (買った方が安いという感覚も、日本人として恥ずかしい感覚)。

    もう一つは、中古自転車がアフリカ等の国では立派に活躍しているという事実です。
    中古自動車にしても然り、多くの中古品が海外で再利用されていると思います。
    そのなかで、燃料を必要としない自転車は活躍の場が広い。
    海外支援として、何ができるかを語ってくれています。

    ただ、この本は、子どもに物の再利用と物を大事にすることを的確に伝えなければいけないという課題を持っています。
    子どもは親の行動に学んでいるのですから。
    自転車の簡単な整備くらいは自分でできるようにしましょう。

    掲載日:2009/11/19

    参考になりました
    感謝
    1

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ピカピカ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / くだもの / ぐりとぐら / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.68)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット