だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ぐりとぐらのおおそうじ」 大人が読んだ みんなの声

ぐりとぐらのおおそうじ 作:中川 李枝子
絵:山脇 百合子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2002年02月
ISBN:9784834017960
評価スコア 4.68
評価ランキング 1,566
みんなの声 総数 162
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 私が1番好きな ぐりとぐら

    さすがは「ぐりとぐら」
    絵本ナビでも大勢の方が感想を書かれていて
    高評価ですね。
    私も ぐりとぐらは大好きで
    いろいろ読んでいました。
    子育て真っ最中の何十年前か、
    最近になって絵本を読み返してからか。。
    その間で、このお話は見落としていました。
    中川李枝子さんの童話集『おひさまはらっぱ』の中の一話
    「ぐりとぐらの大そうじ」を、
    福音館書店創立50周年を記念して絵本化だったんですね。
    大掃除の大変さを
    ぐりとぐららしく 楽しく工夫してくれて
    それが愉快で お掃除大好きな私は共感してしまいました。
    きれいになったところに うさぎさんたちがやってきて
    楽しいティータイム!いいですね。
    ストーリーも絵も私の好みでした。

    掲載日:2016/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • しかしまあよくもこんなに

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子2歳、男の子0歳

    着なくなった服やら靴下やらをとっておきましたねぐりさんとぐらさんと突っ込まずにはいられませんでした。いつか使う日が来ると思って取っておいたのでしょうか。結果、お掃除に使う事が出来ました!はくだけで掃除出来るモップスリッパもこの発想ですよね。

    掲載日:2014/10/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しみながら綺麗に

    春の到来は誰にとっても心ワクワクするものですよね。「はるのにおい」を感じて動き出すぐりとぐら。

    冬の間にたまったほこりで一杯の部屋の中。思い立ったが吉日。そしておおそうじデーに。でも、残念なことに掃除道具はぼろぼろで使えません。こまったぐりとぐらが思いついたのは・・・。

    古着を取り出すと、穴あきセーターに破れたズボン(ここで、ぐりとぐらに、赤や青じゃない洋服もあったんだ・・・と新たな発見が(笑))、をしっかり着こんで、おなかとせなかですべるとあら不思議、縦横無尽にお掃除できる雑巾に早変わり。そしてシャツやタオルを束にして足にくくりつければ、ほうきや、はたきの出来上がり。

    「ぼくらが このよで  すきなのは  おそうじすること  みがくこと」。いつものぐりとぐらの節回しも飛び出して、大そうじは、すっかり楽しい一大イベントに。

    子どもたちも楽しんでお掃除してくれるようになるといいですね。

    掲載日:2013/10/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しくお掃除しましょう!

    “ぐりとぐらのおおそうじ”を読んで、
    ふたりの発想力と、どんなことでも楽しむ姿に感心しました。

    お掃除だって、お料理だって、楽しいほうが絶対にいい!

    毎日やらなくちゃいけない事が沢山あるけれど、少し目線を変えれば、憂うつがワクワクに変わるのかもしれないと思いました。

    ぐりとぐらの絵本で描かれているのは、ほとんどが外での出来事なので、家の中のお話はちょっと新鮮です。

    最後はやっぱり、おいしいものをみんなでいただきま〜す!
    きれいになって、良かったね!

    掲載日:2013/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 春になったら

     春になってめざめた、ぐりとぐら。おおそうじをはじめましたが、自分のからだに布をまきつけてやるなんて、びっくりです。体いっぱいつかって、楽しそう。

     きれいさっぱりした部屋で、みんなでお茶じかん。いろいろな話でもりあがっていそう。ぐりとぐらのお話は、おやつの場面がほのぼのしていいなと思います。
     リズム感があるしっかりした文章が、ここちいいです。

    掲載日:2013/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 見習わなくっちゃ

    春が来たからおおそうじ・・・まさに今の季節。
    天気がいいと遊びに行きたくなるけれど、ぐりとぐらを見習ってそろそろ大掃除もしなくっちゃ。
    私の家にも、ほうきおばけがきてくれないかしら。そして最後はニンジンクッキー・・・完璧。
    ぐりとぐらは、めんどくさいなぁと思う大掃除も楽しくしてしまう。
    本当はその心意気を最初に見習わなきゃいけないいんでしょうね。

    掲載日:2012/04/26

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぐりとぐらのおおそうじ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

からすのパンやさん / バムとケロのおかいもの / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


お気に入りのくだものはどれ?

全ページためしよみ
年齢別絵本セット