庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

へそもち」 10歳のお子さんに読んだ みんなの声

へそもち 作:渡辺 茂男
絵:赤羽 末吉
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1980年07月
ISBN:9784834007879
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,363
みんなの声 総数 42
「へそもち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

10歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 伝えたい!赤羽さんの絵の色づかいと息づかい

    かなり雷雨が多かった時期だったので、今だ!と思い読みました。
    縦長に装丁してあるこの本は、赤羽さんの絵の色づかいと息づかいに相まってページをめくるのが楽しみになる本でした。

    雷さまは雷を起こし雨雲を呼び雨を降らす。
    しかし大好物のへそ欲しさに悪さをしてばかり...
    そんな時村のお坊さんが考えた作戦で見事鬼退治!

    話の所どころにこれは現代の避雷針!とか、やっぱり雷さまっておへそが好きなんだ〜とか、再発見することが入っていてまた面白いです。
    子供たちも釘付け!!でした。

    学年:4年
    時間:約7分

    掲載日:2012/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昔話っぽい創作。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    結構、読まれている方が多いですね。

    最初にびっくりしたのが、表紙が横開きなのに、絵は縦に描かれているところです。
    なぜでしょう?わざとでしょうか?
    本当は縦開きの絵本にしようとしていたのに、うっかり製本の時に間違えたとか?
    ページをめくると、実は中身も全部縦開きなんですよね〜。変わっている絵本です。

    そして、読めば分かりますが、まるで昔話のようで、昔話っぽい創作の物語です。
    いたずらっ子のかみなりの話でした。

    「おしょうさんは、できあがった もちで、
     へそもちを やまのように つくりました。」
    という部分が、説明が足りないような気がして、ちょっと物足りなかったです。
    なぜ、へその代わりに「へそもち」というものを作ったのか?
    その「へそもち」がへそと似ていたのか、かみなりが文句も言わずにもらっていくところが、納得できませんでした。
    うちの下の子は表紙絵画「なんか怖い。昔話(昔話だと思い込んでる)ってこういうエグイのが多いよ」と、怒ってました。

    掲載日:2010/10/30

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「へそもち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

全ページためしよみ
年齢別絵本セット